【競馬】クロフネ先生。娘のソダシも芝・ダート両刀なんですか?

※「 追伸:チャンピオンズカップ 枠順(2021年12月2日現在)」 を追記

さて、今日は中央競馬ではじめてダートでのGⅠレースとなったフェブラリーステークスの日。

スポンサーリンク

ダートの有力馬といえば?

ダートと言えば「クロフネ」。あの白毛初のGⅠ馬「ソダシ」のお父さん。

その「クロフネ」は娘のGⅠ制覇に安心してか、残念なことに今年の1月17日に亡くなってしまったらしい。本当に残念です。

「クロフネ」は早くからレコード勝ちを重ねて注目されていたものの、同期に「アグネスタキオン」「ジャングルポケット」「マンハッタンカフェ」などの強豪馬がクラシックで覇権を競っていたため、〇外(←外国産馬のこと)でクラシックレースに出られない「クロフネ」に対しては、3歳時「あぁ、NHKマイルCに勝った馬ね。」というぐらい自分にとってあまり関心がなかったのを覚えている。

ただ、本当にすごかったのはその翌年で、特にダートでの勝ち方がすごかった。

武蔵野S GⅢ(ダ1600)の1分33秒3、ジャパンCダートGⅠ(現チャンピオンズC)(ダ2100)の2分5秒9は現在もJRAレコードとして破られていないスーパーレコード。ジャパンCダートのレース後、武豊騎手が「こんなに強い馬はいままでいなかった。」と語ったらしい。

Youtube動画でその両レースを改めて見てみると、非常に早い仕掛けからのロングスパートが印象的。大きなスライドでどんどん加速してゴールの瞬間まで減速しないその姿は、まるで、同じく大きなスライドでレコード(世界記録)を連発した元陸上短距離の「ウサイン・ボルト」のよう。

そんな「クロフネ」はこちら↓

この驚異的なロングスパートだけを見ても能力の高い馬だったことは容易に想像できるので、その血を受け継ぐ産駒たちにも当然期待してしまう。ただ、現役時代もっと注目して追いかけていたら、今の産駒の活躍がもっと楽しかったのに、、、って非常に後悔している。

なので、お父さんの分まで「ソダシ」を応援します。

スポンサーリンク

「ソダシ」適性馬場は?

その「ソダシ」ですが、2/10に、ノーザンファームしがらき(滋賀県)から帰厩し、次走は桜花賞(4月11日・阪神)の予定みたいで、まだ1か月以上先だが、今からレースが楽しみになってきた。

それにしても、タイトルでも取り上げたけど、「ソダシ」は芝ばかり使われてるけど、ダート適性はどうなんだろうか。

もしかしたら、ダート適性はそれほどないのかもしれないが、お父さんは屈腱炎で引退しなければ、翌年のフェブラリーステークスを狙っていたらしいので、「ソダシ」には是非お父さんの無念を晴らすべく、来年のフェブラリーステークスには是非出走してほしい。

スポンサーリンク

今日のフェブラリーステークスの結果は?

さて、今回のフェブラリーステークスの私の予想は「アルクトス」

この馬実は、昨年のマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI・ダ1600m)で1分32秒7と「クロフネ」のJRAレコードを上回っている。しかも結構大幅に上回っている。

いつものことながら、そんな単純な理由で今回の予想は「アルクトス」

そして娘の予想は、「ワンダーリーデル」

理由は、「8歳だし、パドックで最後に登場したから」。。。う、うーん、、、絶対に予想を参考にしてはいけない親子である。

「8歳と言えばじじいだよ」とたしなめてみたが、「パパより若いよ」とのことで、いつにもまして意味不明だったが、まあ、今日の勝ちは貰ったなと内心ほくそえんでいた。

さて、肝心のレースはというと、序盤をひっぱったのは「ワイルドファラオ」。名前からして、おそらく古代エジプト王族の系統である。最終コーナーを回ったところで、まるで王位を譲るかのように入れ変わって、前へ出たのが、もう1頭の王族、1番人気の「カフェファラオ」。9番人気「エアスピネル」が追い上げを見せたが、庶民に王位は譲らぬとばかりに寄せ付けず、そのまま危なげなくゴールへ。

あれ?

スルスルっと内側から上がってきてた3着馬は、なんだろうと見てみると、なんと、、、じじいこと「ワンダーリーデル」

さすがに驚いたが、3着だから、娘との勝負は、ここは引き分けかと安心したところ、

娘のひとこと、「私の勝ちねっ❤」

という感じの今年初のGⅠレースだった。少し物足りないメンバーとも思ったが、久しぶりに競馬を楽しむ週末はハリがあって、やっぱり楽しかった。

そして、娘との対戦成績はこれで、0勝4敗2分。ルールがよくわからんが、この勝負はまだ第1コーナーを回ってすらいない序盤中の序盤、今は脚をためているだけだからなっ!

スポンサーリンク

2021年フェブラリーステークスレース結果



馬名性齢騎手タイム着差
単勝
オッズ
後3F馬体重
(増減)
123カフェファラオ牡4ルメール1:34.413.335.6514(+10)
2510エアスピネル牡8鮫島駿1:34.53/4928.035.2488(-4)
347ワンダーリーデル牡8横山典1:34.81.3/4819.335.7534(+2)
4816レッドルゼル牡5川田1:34.91/246.035.5490(-4)
511エアアルマス牡6松山1:35.11.1/41037.136.6498(+4)
612インティ牡7武豊1:35.1クビ717.535.5518(-6)
7815ミューチャリー牡5御神本1:35.31.1/413120.135.6462(-7)
8713ソリストサンダー牡6北村宏1:35.4クビ511.035.9494(+8)
936アルクトス牡6田辺1:35.61.1/424.736.6540(-4)
10612ヤマニンアンプリメ牝7横山武1:35.6クビ14187.736.4494(-2)
1159サンライズノヴァ牡7松若1:35.73/436.035.9542(+8)
12611スマートダンディー牡7秋山真1:36.0216313.336.7498(-4)
13714オーヴェルニュ牡5丸山1:36.53611.837.5460(-16)
1448ワイドファラオ牡5福永1:36.711141.038.2514(+8)
1535サクセスエナジー牡7酒井1:37.12.1/215228.637.5550(0)
1624ヘリオスセ5Mデムーロ1:37.741248.638.7462(-4)

追伸:チャンピオンズカップ 枠順(2021年12月2日現在)

2021年12月5日に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ(GⅠ 1800m)で、ついに「ソダシ」が砂の舞台へ初挑戦することになった。非常に楽しみです。

馬番馬名馬体重計量場所所属厩舎
11ソダシ480栗東須貝 尚介
12カジノフォンテン540船橋山下 貴之
23サンライズノヴァ542栗東音無 秀孝
24インティ524栗東野中 賢二
35エアスピネル496栗東笹田 和秀
36テーオーケインズ506栗東高柳 大輔
47サンライズホープ562栗東羽月 友彦
48スワーヴアラミス490栗東須貝 尚介
59オーヴェルニュ490栗東西村 真幸
510ケイティブレイブ526美浦清水 英克
611アナザートゥルース494美浦高木 登
612クリンチャー500栗東宮本 博
713チュウワウィザード494栗東大久保 龍志
714ダノンファラオ548栗東矢作 芳人
815メイショウハリオ518栗東岡田 稲男
816カフェファラオ518美浦堀 宣行