【競馬】サイレンススズカ先生。今大阪杯はGⅠレースです。

今日は大阪杯の日。大阪杯は2017年にGⅠレースに昇格したらしい。

芝2000mで、古馬の中距離馬にとっては宝塚記念、天皇賞(秋)に次ぐGⅠレース。

スポンサーリンク

春の中距離GⅠレースといえば

昔の中距離馬にとっては、春のGⅠレースといえば「宝塚記念」しかなかった。

当時の「宝塚記念」は夏直前に開催され、人気投票で選ばれるレースだったが、長距離馬にとっては天皇賞(春)(3200m)、短距離馬にとっては安田記念(1600m)を使ってからのレースであり、馬によっては本番後の消化試合のようになってしまうレースでもあった。だからこそ中距離が主戦場の人気馬にとっては大きなチャンスで負けられない夏前の唯一のGⅠレースなのだが、長距離または短距離で結果を残して人気投票で選ばれなければ出場できないややこしいレースだった。

そんな中距離馬にとっては垂涎のものの大阪杯GI昇格であっただろうと思う。

スポンサーリンク

中距離馬最強といえば

中距離馬最強といえば、最近では「アーモンドアイ」なのだろう。中距離に限らず、マイル(1600m)でも、クラシックディスタンス(2400m)でも勝ってしまうのだからとんでもない馬である。

だが、我々、平成のおっさん競馬ファンにとって最強の中距離馬はやはり「サイレンススズカ」なのである。

「サイレンススズカ」は3歳時はそれほど目立たなかったが、4歳になって連戦連勝で、逃げ馬ということもあって強烈な印象を残した馬だった。

通常、逃げ馬は先頭に立つとレースをスローペースの展開に持ち込み、後続馬の脚を余らせて直線逃げ残るという勝ち方を狙うのだが、「サイレンススズカ」はスタート直後からハイペースで後続を突き放すタイプで、いわゆる大逃げのタイプの馬だった。はっきり言って大逃げの戦法は一か八かの戦法なので、普通はあまり勝てない。それなのに「サイレンススズカ」は最後の直線で、まるで差し馬のようにもう一度伸びるのである。そんな馬はあまり見たことがなくて、まるで投手と打者の両刀でメジャーリーグで活躍する「大谷翔平選手」のように、今まで存在しなかった想像を超える化け物が現れたという感覚だった。

1998年、宝塚記念(GⅠ)を含む中距離レースで連戦連勝を続けていたこの馬が「負けるはずがない」という思いでTVを見ていた天皇賞(秋)(2000m)。

予想通りスタート直後から気持ちの良い大逃げだったが、最後の直線どんな足を使ってくれるのかと期待しながら見ていた矢先、鞍上の武豊騎手が手綱を急に強く引き、みるみる順位を下げ、競争を中止してしまった。骨折による予後不良(安楽死)だった。

「サイレンススズカ」がこれから競馬史に刻むはずだった大記録への期待と夢が儚くも消えてしまった。「無事之名馬」の格言もあるので禁句なのかもしれないが、もしこの馬が無事にレースを走っていたら、どんなレースを見せてくれただろうか。この馬の血を受け継いだ子たちの活躍は、、、。などと今でも妄想してしまうほどの名馬だった。

「サイレンススズカ」のGⅠ勝利は宝塚記念を1勝しただけである。それなのに、未だに中距離馬歴代最強と語り継がれているのが逆に凄いことなのではないだろうか?

「サイレンススズカ」が覚醒した1998年に大阪杯がGⅠレースとして存在していたら、確実に勝利していたに違いない。

スポンサーリンク

さて、今年の大阪杯

予想は、自信をもって「レイパパレ」。理由は自分がパパだけに「名前がいい!」。(いよいよ娘の予想法に引っ張られつつある、、、)

本当は名前だけが理由ではなく、この馬は中距離中心に使われているので、おそらく適性距離であり、しかもまだ土がついていない(負けていない)こと。また、今回の馬場予想の重馬場に強そうなピッチ走法であり、先行力があって内枠でも外枠でも確実に伸びる脚。常に安定したレース運びで、川田騎手との相性も抜群に良さそう。それになんというか、大負けするイメージが湧かず「連に絡む感」がある。

そして、「コントレイル」以外の有力馬は主戦場となる距離適性が少し違う気がしている。となると、あとは、娘が「コントレイル」を選ばないように洗脳していくだけである。いよいよ、初勝利が見えてきた。

・・・・・。

はい。娘の予想が決まりました。

「コントレイル」でした。洗脳失敗。大きくて綺麗な馬体だし、やはり何より三冠馬。まあ妥当だろうね、、、初勝利が、、、(´;ω;`)ウゥゥ

スポンサーリンク

勝負のレースがはじまった

まず先頭に立ったのは4番人気「レイパパレ」。1番人気「コントレイル」は中断やや後方からの追走。そこからやや早めに順位を上げていき、4コーナーに差し掛かるころには、2番人気「グランアレグリア」、3番人気「サリオス」とともに先頭を走る「レイパパレ」の直後を追走。これはさすがにダメだと思ったが、4コーナーを抜け直線を向く直前、「レイパパレ」の鞍上川田騎手がチラリと後ろを振り返り、各馬の位置を確認した。馬場の良い外側に持ち出して追い始めた瞬間さらに伸びた。なんとそのまま「コントレイル」を突き放して勝利した。2着に入ったのは「雨のモズベッロ」!?知らなかったが道悪の鬼らしい。

しかし、「レイパパレ」の走りは、あの「サイレンススズカ」を彷彿とさせる二の足だった。

距離、重馬場、展開、騎乗、すべて完璧なレースだった。

「レイパパレ」そして川田騎手、GⅠ勝利おめでとうございます。そして、私の初勝利をありがとう。これからの活躍が文句なく楽しみな1頭になった。

娘との対戦成績はこれで、1勝5敗2分。ふふふ。

余談だが、娘の予想法を真似たところ勝ってしまった。
もしかしたら、競馬予想の極意「名前」「毛色」なのかもしれない。。。くれぐれもご参考まで。

Amazon | 『ウマ箱』第1コーナー(アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』トレーナーズBOX) [Blu-ray] | アニメ
和氣あず未, 高野麻里佳, Mahico, 大橋彩香, 木村千咲, 上田瞳, 大西沙織, 及川啓 最新アニメから懐かしの名作アニメDVD・Blu-rayをアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント