【競馬】オグリローマン先生。ソダシが人気になっています。

今日は桜花賞の日、牝馬クラシック最初のレース。

スポンサーリンク

アイドルホースといえば

ソダシが人気になりそうだが、アイドルホースと言えばやはり「オグリキャップ」である。

地方(笠松)競馬から中央に乗り込み、短距離から長距離まで、強烈な末脚を武器に勝ちまくった名馬だった。その時代は私は学生だったので実はあまり知らないが、テレビで芸人さんが楽しそうに競馬の話をしていて、競馬って面白そうだなと思ったのを覚えている。その時テレビで語られていた馬たちが「オグリキャップ」「イナリワン」「スーパークリーク」である。

これら「オグリキャップ」世代の名馬たちは、その後のゲーム「ダービースタリオン」人気と相まって、その後の競馬ブームの火付け役となった。

そんな競馬ブームの真っ只中だった1994年、「オグリキャップ」の妹、「オグリローマン」が桜花賞を制覇した。

同世代の女傑「ヒシアマゾン」が外国産馬で、クラシックレースには出場できなかったため、1994年クラッシックは主役不在だと思われたが、「オグリローマン」はこのレースでまんまと主役の座に躍り出た形、さすが「オグリキャップ」の妹であり、持ってるなぁという印象だった。

その後活躍できずに引退してしまったが、強くファンの印象に残ったまぎれもなくアイドルホースだった。

スポンサーリンク

さて、今回の桜花賞の予想は

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)を勝利し、白毛人気も相まって、もうすでにアイドルホースと言っていい「ソダシ」。ただし、「ソダシ」が真のアイドルホースとなるためには、ライバルの存在は欠かせない。

ライバル候補となるのは、阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)で、ハナ差で競い合った2番人気「サトノレイナス」か、気性に難があるが、まともに走ったときの爆発力に期待してしまう3番人気「メイケイエール」か、それともその他のダークホースが現れるか。「ソダシ」が勝っても負けても、今年の牝馬クラシックはワクワクさせられる。

さて、今回私の予想は「メイケイエール」

理由は、この馬の出自による。この馬の母「シロインジャー」「シラユキヒメ」から繋がる「ソダシ」と同じく白毛馬一族らしいのだが、この馬は「鹿毛」に生まれてきてしまった。つまり、高貴な白毛一族の落ちこぼれなのである。(←「落ちこぼれ」というのは、ただのおっさんの妄想なので悪しからず)

そんな「メイケイエール」にとって、白毛を理由に人気の「ソダシ」の活躍が面白いはずがないのである。人気と実力を兼ね備えたエリートの「ソダシ」に対し、この馬はいわば「雑草」。地面を這いつくばってでも、このレースに勝利して人気を勝ち取るしかないというわけである。きっとやってくれるはずだ。

娘の予想は、「ソダシ」。やっぱりソーダシ。

まあ、いいでしょう。願わくば、「ソダシ」「メイケイエール」の一騎打ちが見たいところだ。

スポンサーリンク

レースが始まった

「ソダシ」は好スタート。「メイケイエール」は馬群を嫌がるため、ハナを切ると予想されていたが、少し出遅れ気味に後方からのスタート。ところが、道中位置取りをぐんぐん上げていき、早めに先頭に立った。そのとき観客から拍手が沸き起こったが、残念ながらそれが最後の見せ場だった。一方「ソダシ」は、先行から4コーナーを回り、直線では他馬より一歩先に抜け出し、突き放した。2番人気「サトノレイナス」が外からすごい追い込みを見せたが、及ばなかった。勝ちタイム1分31秒1のコースレコードでの完勝。奇しくも阪神ジュベナイルフィリーズのときと同じワンツーフィニッシュでの決着だった。

今年はこの2頭の戦いになるのかな。「メイケイエール」にも頑張ってほしいのだが。。。

その「メイケイエール」はというと?

横山典弘騎手(メイケイエール=18着)「返し馬から気持ちが高ぶっていて、ゲートの中も悪かった。スタートも前回くらい出てくれたらと思っていたけど…」

・・・・残念。

娘との対戦成績はこれで、1勝6敗2分。勝ったのが「ソダシ」じゃなんもいえねぇ。

Amazon | 『ウマ箱2』第1コーナー アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』トレーナーズBOX) [Blu-ray] | アニメ
Machico, 大西沙織, 和氣あず未, 高野麻里佳, 大橋彩香, 木村千咲, 上田瞳, 及川啓 最新アニメから懐かしの名作アニメDVD・Blu-rayをアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。
バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント