【競馬】メジロドーベル先生。ソダシに勝ってほしいです。

今日は優駿牝馬「オークス」の日。

ライバル「サトノレイナス」が牡馬を含む3歳チャンピオン決定戦である東京優駿「日本ダービー」への挑戦となったこともあり、「ソダシ」が勝ちソーダシ。

とはいえ、「ダノンザキッド」の骨折。「バビット」の屈腱炎と私の推し馬に最近怪我が多いので、「ソダシ」にはなによりも無事に走ってもらいたい。

「アーモンドアイ」のラストレース(昨年のジャパンカップ)をきっかけにはじめた娘との競馬予想勝負だが、今や完全に「ソダシ」中心になってきている。競馬ファンというよりも、「ソダシ」ファンとなりつつある我が家なので、その「ソダシ」が怪我でもしたら、競馬自体へのモチベーションが心配なのだ。

スポンサーリンク

オークスといえば

オークスと言えば印象に残っているのは「メジロドーベル」が勝った1997年のオークス。

今と違って、牝馬がなかなか古馬GⅠを勝てなかった時代、1年先輩のオークス馬「エアグルーヴ」が牡馬の中に入ってGⅠ路線で活躍して脚光を浴びる中、次世代の牝馬の台頭を思わせるレースだった。

1997年 オークス(GⅠ) | メジロドーベル | JRA公式

このレースで、桜花賞で惨敗した逃げ馬「キョウエイマーチ」に勝利した。その後の秋華賞でも勝った「メジロドーベル」は同世代牝馬の中では最強と称されるようになった。

だが、その後の有馬記念を含む古馬路線で、特に牡馬との対戦で負けが続き、さらに同じくオークス馬で牝馬ながら、天皇賞・秋(GⅠ 東京2000m)で勝利するなど、古馬路線で堂々と牡馬と渡り合う1年先輩の「エアグルーヴ」(1997年、年度代表馬)がいたことから牝馬最強とまではいかなかった。

ところが翌年の1998年のエリザベス女王杯(牝馬限定の古馬GⅠ)で、なんとその「エアグルーヴ」に突然勝利してしまったのである。牡馬には勝てないが、牡馬より強い牝馬には勝ってしまうというなんとも不思議な馬だった。

【エリザベス女王杯 1998】メジロドーベル「4回目の挑戦でエアグルーヴを破りました」《連覇した女王たち#1》
スポンサーリンク

さて、今回のレースの予想は?

今回の予想は「ユーバーレーベン」。桜花賞が1600mに対し、このオークスは2400mなのでほとんどの馬が未経験の距離となるが、「ユーバーレーベン」の父「ゴールドシップ」は、菊花賞(GⅠ3000m)や、天皇賞・春(GⅠ3200m)など長距離レースを勝利した実績があるため、距離延長はむしろ歓迎と思われる。また、「メジロドーベル」を彷彿とさせるような、差し足が魅力。東京競馬場の長い直線を差し切る能力は十分にあると見ている。

娘の予想は当然「ソダシ」。距離延長も大丈夫ソーダシ、追切りの動きも良さソーダシ、まさに死角無しといったところだ。

だが、娘よ。経験の差というのはこういう時に出るものなのだ。

歴史に学ぶのならば、「ソダシ」が先行脚質の「エアグルーブ」のようなレースをするなら、差し脚鋭い「ユーバーレーベン」が、あの1998年エリザベス女王杯のときの「メジロドーベル」のように差し切る可能性は十分にあり得るのだ。

経験の差というやつを見せつけてやろうではないか。

スポンサーリンク

レースが始まった。

ハナを切ったのは、武豊騎手の「クールキャット」「ソダシ」は好スタートから先頭に立ちそうな勢いだったが、外から「ステラリア」、内からは「ククナ」に挟まれるような形。それを嫌がって少し後ろに下げた。そのすぐ後ろに2番人気「アカイトリノムスメ」、3番人気「ユーバーレーベン」は後方待機の格好。

「ユーバーレーベン」は直近3レースでゴール前届かず勝ちきれないレースが続いていたためか、3コーナーから4コーナーにかけて外を大きく回りながらやや強引に位置を上げながら早めの動き出しを見せる。

先行勢には完全に不利な展開だった。直線に入り次々と先行馬が脱落する中、残り200mぐらいまでは「ソダシ」の勝負根性ならあるいは残るか、とも思ったがダメだった。

一方、後方待機から、距離をロスしながら位置を上げた「ユーバーレーベン」、直線を向いてさらに加速した。その末脚は圧巻で着差以上に強さを感じるレースぶりでの勝利だった。父「ゴールドシップ」産駒初のGⅠ制覇となった。

2着には中団で脚を残した「アカイトリノムスメ」、3着に入ったのは、なんと16番人気の「ハギノピリナ」だった。

「ソダシ」は8着。

「ソダシ」の結果が残念すぎて、予想的中にも関わらず「ユーバーレーベン」の勝利を素直に喜べなかった。

距離が問題だったのか、展開が問題だったのか、わからないが「ソダシ」はここで終わる馬ではないと信じている。我が家の競馬のモチベーションのためにも次こそは頑張ってほしい。

娘との対戦成績はこれで、3勝8敗3分。「ユーバーレーベン」ありがとう。「ソダシ」次はよろしく!

バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント

タイトルとURLをコピーしました