【競馬】ヤマニンゼファー先生。今日は安田記念です。

今日は安田記念の日。JRA初代理事長の安田さんのレース。

東京1600m上半期マイル王決定戦。同レース前年覇者で牝馬にして現役マイル最強馬の「グランアレグリア」が強そうな雰囲気だが、果たしてどうなるか、非常に楽しみ。

スポンサーリンク

安田記念といば

さて、安田記念といば、「ヤマニンゼファー」である。

かなり強そうな名前だが、実際に強く、安田記念を2連覇している。

この馬の父「ニホンピロウィナー」も安田記念を制しており、「マイルの皇帝」と呼ばれたりもするのだが、皇帝「シンボリルドルフ」帝王「トウカイテイオー」の親子になぞらえるなら、「ヤマニンゼファー」はさながら「マイルの帝王」といったところだろう。

だが、一番見ごたえあるヤマニンゼファー」のレースは1993年天皇賞(秋)(東京競馬場2000m)である。

怪我による「メジロマックイーン」の突然の引退があったため、本命不在となっていた同レースだが、それにも関わらずヤマニンゼファー」は距離を不安視されて5番人気。

このレースは、刺客「ライスシャワー」最後の個性派「ツインターボ」ブロンズコレクター「ナイスネイチャー」、そしてヤマニンゼファー」がGⅠ初勝利した安田記念のときに、同馬に騎乗の田中勝春騎手が乗る「セキテイリュウオー」、名脇役たちが揃った名勝負となった。

1993 天皇賞(秋)

この「ヤマニンゼファー」の柴田善臣騎手と「セキテイリュウオー」の田中勝春騎手とのゴール前の叩き合いは名勝負として語り継がれている。

スポンサーリンク

さて、今回の予想は

今回の予想は、「サリオス」。かなり悩んだが「コントレイル」のライバルということで、ここ2戦は思わしくないが、「グランアレグリア」を倒せる可能性があるとすれば、この馬かと。ハーツクライ産駒の成長力に期待。

娘の予想は、「ダノンキングリー」、黒鹿毛の漆黒の馬体に惹かれたらしいが、確かに美しい。(余談だが、黒鹿毛よりも青鹿毛や青毛の馬の方が黒いらしい。)

確かに馬体は美しいが、7か月ぶりの鉄砲レースの上、鞍上の川田騎手はこの馬に今回初騎乗(「テン乗り」という)となるため、正直、勝つイメージが湧かない。

妻の予想(急遽参戦)は、「インディーチャンプ」。一番ツヤツヤだからとのこと。。。2番人気なので可能性は全然あると思うのだが、理由がほぼ娘と一緒で見た目だけじゃないか。

どいつもこいつも毛色だの馬体の綺麗さだのと、意味不明な予想しやがって、、、。

そろそろ、この素人どもの性根を叩きなおして、競馬のなんたるかを教え込まなければならないと感じている。

レースが終わったら説教だ。

スポンサーリンク

レースが始まった

人気各馬はそれぞれ順調な出だしで、有力馬が中団にごっそり固まる感じの展開。その中でも1番人気「グランアレグリア」はやや後方、2番人気「インディーチャンプ」はやや前方からといった形。

3番人気の「サリオス」は途中少しかかり気味で位置を下げたが、全体的にはそのまま最終コーナーへ。最終コーナーを回って有力馬達は進路を確保しながら外に広がって、ヨーイドン。ところが、後方につけていた1番人気「グランアレグリア」の進路が無い。必死に進路を探しながら横に動く「グランアレグリア」の馬体に遮られ、我が「サリオス」は仕掛けどころで致命的なブレーキを強いられた。そんな中、順調に抜け出したのは2番人気「インディーチャンプ」。さらに、そのすぐ後ろから4番人気の3歳NHKマイルカップ勝ち馬のシュネルマイスター、それと、、、まさかの「黒いヤツ」もきた!

内で詰まっていた「グランアレグリア」は仕掛けが大きく遅れたが、前が開くやいなや、猛然とスパートをかける。正直鳥肌ものの末脚で、これは届くと思った。「インディーチャンプ」はいい脚で伸びてはいたが、すぐ後ろ隣りから迫る「グランアレグリア」の末脚に屈した。外では、「黒いヤツ」が頑張ってはいたが、直線に入って一旦「シュネルマイスター」に交わされたため、そのまま下がると思った。ところが必死で食らいつき、残り100mあたりでさら伸びた。最後は内「グランアレグリア」と外「黒いヤツ」の猛烈な叩き合いの結果。なんと黒いヤツ「ダノンキングリー」が勝ってしまった。

1着「ダノンキングリー」(娘の予想馬)、2着「グランアレグリア」、3着「シュネルマイスター」、4着、「インディーチャンプ」(妻の予想馬)、、、、8着「サリオス」(私の予想馬)。

我が家の勝負は娘の完勝である。これを当ててしまうなんて恐れ入った。結果がわかったうえで、考え直しても、この馬の勝利はちょっと予想できない。

まさに競馬というのは何があるかわからない。意味不明だの、素人だの、偉そうに言ってスミマセンでした。

娘との対戦成績はこれで、3勝9敗4分。

今回は競馬のなんたるかを勉強させていただきました。ただ競馬歴が長いだけの私ですが、不肖ながら、今後は、心を入れ替えて予想に取り組んでまいります。

バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント

タイトルとURLをコピーしました