【競馬】フジキセキ先生。朝日杯、今は阪神競馬場でやってます。

スポンサーリンク

嵐といえば

嵐といえば普通はジャニーズ事務所のアイドルグループを思い浮かべると思うが、オールド競馬ファンとしては、騙馬の『アラシ』を思い出す。

  「騙馬」気性が荒く去勢した馬のこと。

『アラシ』は嵐がデビューするほんの数年前に活躍した競走馬である。

強くもなく弱くもなく戦績はいたって普通だが、なぜか人気があった『アラシ』。

「メンコ」に『嵐』文字が書かれており、気性が荒く道中しょっちゅうかかってしまい、最後の直線ですぐ早めに前にでてしまう。

確か「宝塚記念」だったと思うが、最後の直線「アラシーそのままー」と叫ぶ、となりのおっさんの声が印象的な馬だ。

スポンサーリンク

我が青春のアイドルホース

そんな『アラシ』の晩年にデビューしたのが『フジキセキ』。少々強引だが今回話題にしたかったのは私にとってのアイドルホース『フジキセキ』である。

『フジキセキ』は後に日本の競馬界を変えるほどの大種牡馬『サンデーサイレンス』産駒の第一期生であり、期待の星だった。

父親そっくりの青鹿毛の美しい馬体を持つ『フジキセキ』は人気もかなりあった。騙馬『アラシ』の人気とは違い、正真正銘、超大物としての期待を背負った人気馬だった。

フジキセキは本当に強かった。

デビュー戦では大きく出遅れて、最後方からのまくりでの8馬身差勝ち。2戦目が特にすごくて、2着馬は後のダービー馬『タヤスツヨシ』であったにもかかわらず、鞭も使わずもったまま馬なりでのレコード勝ち。

そして、迎えた3戦目は「朝日杯3歳ステークス」(現「朝日杯フューチュリティステークス)。そこに出場するライバルの芦毛の外国産馬『スキーキャプテン』。(レースは☟こちらをどうぞ。)

フジキセキ 全レース.flv

私としては、この2頭がお気に入りで、『スキーキャプテン』は外国産馬だからクラシックレース(「皐月賞」、「日本ダービー」、「菊花賞」のこと、この3レースを全て勝つと三冠馬と言われる)には出場できないが、年末の「有馬記念」での激突、さらにその先の対決まで夢を馳せていた。

ところが、『スキーキャプテン』は「ケンタッキーダービー」(アメリカのレース)にチャレンジし大敗。しかもそのまま日本競馬に復帰できず引退。

一方『フジキセキ』は次走弥生賞は快勝し、国内三冠へ視界良好と思われたが、「屈腱炎」を発症し引退してしまった。その後しばらく私は『フジキセキ』ロスから立ち直れなかった。

スポンサーリンク

さて、今年の「朝日杯フューチュリティステークス」。

はっきりいってどの馬が勝ってもおかしくない混戦模様だが、私の予想は1番人気の『レッドベルオーブ』。理由はフジキセキと同じ青鹿毛だから、、、意味不明で申し訳ない。

そして今回は白毛も芦毛もいない娘にとっては予想がの難しいレースだったが、選んだのは『ホウオウアマゾン』。理由は茶色の毛色がきれいだから、、、親子ともども意味不明で申し訳ない。

勝ったのは未勝利戦を勝ったばかりの『グレナディアガーズ』。我が家の予想家2人は完全にノーマークだった。

レース後の川田騎手のコメントで知ったことだが、この馬かなりのポテンシャルを持った馬だとか。レコード勝ちだし、気性に波があるってのも非常に面白い。この馬はこの馬で来年の短距離路線?を盛り上げてくれそうで楽しみな一頭になった。

そして『レッドベルオーブ』も3着だし、クラッシック路線ではまだまだ応援していくつもりである。

だから、くれぐれも引退なんてしないように!

「グレナディアガーズ、レッドベルオーブそのままー」!!!

バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント

タイトルとURLをコピーしました