【競馬】マチカネタンホイザ先生。今年イチオシはバビットです。

スポンサーリンク

1994年の「有馬記念」は過去最高にすごかった

その年の三冠馬ナリタブライアンと、〇外だから出走できなかったが、クラシックに出走していれば三冠牝馬間違い無しと言われた女傑ヒシアマゾンの一騎打ちである。

結果は『ナリタブライアン』が1着で、『ヒシアマゾン』が2着。

このレースはまさに、主人公とヒロインがワンツーフィニッシュを飾ったわかりやすい王道レースだった。

スポンサーリンク

だが、本当にすごかったのはそこではなくて

このレースが過去最高のレースだと思うところは、脇を固める「名脇馬」達である。

名脇馬 その1

まずは、『ミホノブルボン』の三冠を阻止し、『メジロマックイーン』の「天皇賞・春」の三連覇を阻止した「刺客」ライスシャワー

名脇馬 その2

つづいて、小学生男子のマラソン大会におけるお調子者戦法「大逃げ」を得意とする人気馬ツインターボ

名脇馬 その3

さらに、前年までの「有馬記念」において3年連続3着、元祖善戦マンナイスネイチャ

と、1994年の「有馬記念」は私にとって垂涎の「名脇馬」達の夢の競演舞台だったのを思い出す。

スポンサーリンク

名脇馬 その4

それだけでも十分楽しいメンバーなのだが、それと「迷脇馬」がもう一頭、いるはずだった。。。

前走の「ジャパンカップ」の出走直前、「鼻血」で競走除外になったこの馬にとって、1994年の「有馬記念」はリベンジを誓い、心に期する思いのレースだったに違いない。

ところが、なんと「蕁麻疹」を発症し、この「有馬記念」までも出走取消しとなった。

さらに、この馬は、2レース連続でGⅠに出走できなかっただけでなく、その次のレース「AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)」でもフレグモーネ(外傷から化膿する症状)で出走できなかった。

付け加えると、「フレグモーネ」の「AJCC」から休養明けの次レース「高松宮杯」ではあの女傑『ヒシアマゾン』を破って1着になった。

怪我や病気で体が弱く、その発症タイミングも最悪だった稀代の迷脇馬マチカネタンホイザは、「無事之名馬」の教訓を覆して、人気者であり、間違いなく名馬だった。

スポンサーリンク

1994年の「有馬記念」の動画

第39回 有馬記念 ナリタブライアン
1994年 有馬記念 YoutubeチャンネルLateBloomerより

見つけた!

さて、今回の「有馬記念」の私の予想はというと、『マチカネタンホイザ』と同じ栗毛で良血で、、、
見つけた!

『バビット』。しかも、この馬、たて髪が白くてかっこいいやつだ(「尾花栗毛」というらしい)。しかも人気もそれほど無く、名脇馬にふさわしい、、、いや、まだ主役も狙える若さだった、ぜひ勝ってほしい。

それと、今回がラストランの『ラッキーライラック』も栗毛で、しかも2年連続「エリザベス女王杯」に勝ってるらしい。娘にこの『ラッキーライラック』をお勧めしたのだが、「なんか違う」と見事に一蹴、あっさり却下されてしまった。

真っ黒でかっこいいからという理由で、娘の予想は『クロノジェネシス』

さては、当てに来たな!と正直思った。そして『バビット』の勝利の暁には、守りに入ったら負けだぞ!と指導する予定だった。

それはそれとして、『クロノジェネシス』は芦毛だからそのうち白くなるのは内緒にしておこう。

というわけで、今回の私の予想は『バビット』、娘の予想は『クロノジェネシス』。

レース展開は?

レース展開の予想は、前走「菊花賞」の先行策で失敗した『バビット』は今回は絶対に逃げたい構え。『バビット』と同じく逃げ馬で格上とみられている『キセキ』もこのレースがラストランということなので、絶対にハナは譲らないだろうからハイペースになるだろうという予想。

だが、スタートで『キセキ』が出遅れた。同じ逃げ馬の『バビット』にとってはお誂え向き、逃げ馬の世代交代の瞬間を見たと思った。

最後のレースである『キセキ』にとっては残念だが、逃げ馬の出遅れは致命的だ。

そんな逃げ馬の先輩の想いを受け継ぎ、『バビット』は最内省エネコースを走り、スローペースの逃げ馬有利な展開で折り合いも悪くないように見えた。

だが、スローペースを察した有力馬達の早めの仕掛け、「バビット、早く~、そのまま~!」と久しぶりにテレビの前で声だしてしまった。そして、あっさり交わされて馬群に沈んだ。

それも逃げ馬を応援する楽しさだから仕方がない。それと『バビット』という推し馬を見つけたのは収穫だった。

結果は?

勝ったのは1番人気で娘の予想馬『クロノジェネシス』、2着はこのレースで引退予定の牝馬『サラキア』、どちらも外から末脚が伸びていい競馬だった。

攻めても負ける、守っても負ける私自身が嫌になる。悔しいが、また負けた。

娘との対戦成績はこれで、0勝3敗2分。来年は本気だすからな。

バスケや競馬の雑記競馬雑記
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual

コメント

タイトルとURLをコピーしました