Basketball Manualへようこそ!
※当サイトでは、バスケに役立つ様々な情報やサービスを新鮮かつ正確にお届けするために、SSP広告およびアフィリエイトリンクを設置し収入を得ています。また、Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

【ジュニアプロテインのススメ】~ミニバス伸び盛りを支える栄養のこと~

競技レベルで練習量が多いミニバスチームに所属する我が子のため、普段の食事の栄養バランスに気を付けるのはもちろんですが、栄養不足を補う意味でジュニアプロテインを飲んでいました。

私の場合なにが正解なのかわからず右往左往しましたが、同じような経験をされている保護者の方もいらっしゃると思いますので、私の調べた内容を共有したいと思います。

本記事は、専門家による専門記事ではなく、個人の知見を共有することが目的です。紹介する食事や製品は身長およびその他身体への影響を保証するものではありません。

練習量と身長と筋力の相関

詳細にファクトチェックを行ったわけではありませんが、ハードな練習をする強豪といわれるチームほど、ミニバスでは低身長な選手が多いような肌感覚は実際に私の中にあります。

そこで、身長と筋力と運動の関係の諸説をいくつか調べたのでピックアップします。

  • “筋トレや運動は成長ホルモン分泌を促すため、身長が伸びやすくなる”(引用元:https://tokyo-seikeigeka.jp/column/musculus-height
  • “栄養を吸収したとしても、優先的に筋肉に栄養がいってしまう可能性が高くなり、その分身長を伸ばす栄養が足りなくなってしまう恐れがあります。”(引用元:https://tokyo-seikeigeka.jp/column/musculus-height
  • “「子供の頃筋力トレーニングを行うと身長が伸びない」説には統計的な裏付けはありません。”(引用元:https://athlete-ss.com/muscle-training-and-height/
  • “世界的に権威のあるストレングス&コンディショニングの教育団体「National Strength and Conditioning Association(NSCA)」の最新版ポジションステートメント『青少年のレジスタンストレーニング』によると、ジュニア時期において、レジスタンストレーニング(筋トレ)が身長の伸びを阻害する影響はないと述べています。”(引用元:https://www.descente.co.jp/media/editors_picks/feature/26145/

まとめ

競技レベルのような過度なトレーニングでなければ身長への影響はなさそうですが、逆に過度なトレーニングでは、ストレスなど他のさまざまな影響を加味する必要がありますが、身長への影響は考慮する必要がありそうです。

身長の伸ばすためには実際には、睡眠やストレスや食事のバランスなど複雑な要件を考慮する必要があるので、あくまで参考情報としてください。

伸び盛りに必要な食事と栄養

ミニバス選手に限らずですが、日本人に慢性的に不足しがちな栄養素は「カルシウム」です。「カルシウム」は歯や骨を作ることで知られていますが、筋肉の収縮を増す働きもあるようです。

そしてカルシウムの吸収を阻害するのがインスタント食品スナック菓子炭酸飲料に含まれる「リン」です。

さらに、カルシウムの吸収を助けるのが「ビタミンD」です。「ビタミンD」が不足すると骨が柔らかくなってしまいます。

「ビタミンD」は日光を浴びることでも生成されますが、バスケは室内競技なので積極的に日光浴を行ったほうが良いのかもしれません。

身長との間で最も相関関係があるとされているのが「タンパク質」です。「タンパク質」は骨や筋肉などを作るのはもちろんですが、免疫力も高めるので、成長期の子供には特に重要と言われています。

カルシウムとビタミンDとタンパク質が多く含まれる食べ物

食べ物 カルシウムビタミンDタンパク質
乳製品 ○ △ ○ 
魚介類 ○ ○ ○ 
大豆製品 ○ × ○ 
卵 × ○ ○ 
緑黄色野菜 ○ × × 

ジュニアプロテインのおススメの飲み方

練習後30分以内が体づくりや疲労回復には効果的と言われています。これは運動直後はエネルギーが不足していたり、破壊された筋肉を身体が修復しようとしているためです。

また、タンパク質は一度にたくさん吸収できないので、食事と食事の間にプロテインを飲むことで効率的に吸収しやすくなります。

さらに、体温を上昇させる効果があるため、朝飲むことで一日の活動による代謝を高めます。

ジュニアプロテインを探す(PR)

各ECサイトでジュニアプロテインを検索した結果です。よければこちらから探してみてください。

参考資料

筋肉と身長の関係性は?成長期にやってはいけない筋トレとは?
筋肉をつけすぎると身長が伸…
カルシウム
人体に最も多く含まれるミネラルであり、骨や歯を形成する。
アスリート必見!「けが予防」におすすめの「勝ち飯Ⓡ」レシピ!~管理栄養士推奨~|AJINOMOTO×SPORTS|味の素株式会社
「けが」を予防するためには、丈夫なカラダを作っておくことが大切です。けが予防におすすめのレシピを管理栄養士の視点でご紹介します。
身長を伸ばす食べ物って本当にあるの? 注意すべきは食べ方だった? | vitabrid levelup
「身長を伸ばす」と言われている食べ物のウソホントを解説。 食べ物だけでなく、身長を伸ばすために必要な栄養素や食べ方も紹介しています。 また、栄養価の高い食材を使ったおすすめレシピ...
/* */