オフェンス

オフェンス

【速攻(ファストブレイク)】~各選手の役割と動きの基本~

バスケにおいて守りが一番手薄になるのは、オフェンスの最中です。オフェンスをしている間、自陣のゴール前にはほとんどの場合誰もいません。「ファストブレイク」では、この隙をついて得点を狙う、もしくは相手が守りを固める前に得点を狙います。速攻(ファストブレイク)の目的・効果・流れなどまとめ。
オフェンス

【スクリーン(ピック)の基本と種類】~チームオフェンスの土台作り~

「スクリーン(ピック)」は、「ピックアンドロール」や「トレイル」など、チームが連携して相手のディフェンスフォーメーションを攻略するために必要な重要かつ基本的な動きである。スクリーンの構えや種類を、わかりやすく図解。
オフェンス

『オフボールの動き方』~スペーシングのセオリーとカットの種類~

「オフボールの動きを身に付けるためのステップ1・2・3」、「オフボールの動きで最も大切な5つの原則」、「状況に応じた動きの例」、「カット(カッティング)の動きの種類」
オフェンス

【フェイクとフェイントを学ぶ】~勝つために駆け引きの技術を覚えよう~

シュート、パス、ドリブルそれぞれのフェイクやフェイント(相手を騙す技術)に関する、基本的な考え方、スキルや動きを紹介します。これらの相手を騙すスキルこそバスケの醍醐味なのではないでしょうか。
オフェンス

【ポストプレーの基本】~動きを理解して積極的にポストアップしよう~

アウトサイドのプレーが主流の現代のバスケだが、ゴールに背を向けた動きや、ゴール付近でのステップワークやフィジカルプレーを覚えることで、得点力が上がるだけでなく、チームオフェンスへの適応力にもつながる。
オフェンス

【ピボットを理解する】~意外と差がつくピボットターンの技術~

ピボットは、ボールを保持しているときの、オフェンスフットワークの技術です。難しい動きではないため、育成カテゴリーの中でも、ミニバスなど比較的初期に習得すべ基礎的な技術ですが、最も素人と経験者の差が顕著な技術と言われています。ピボットの目的と効果、基本的な構えと動きのコツなど。
タイトルとURLをコピーしました