【スコアシートの書き方(2021年最新)】~JBAオフィシャルスコアシート~

※’21.6.21:マンツーマンペナルティー記載追加
※’21.6.20:本文に合わせてスコアシート色分け箇所画像修正

JBA公式スコアシートの色分けサンプル
赤:試合前に記入する部分、青:試合中に記入する部分、緑:試合後に記入する部分
スポンサーリンク

スコアシートの準備 “2021 バスケットボール競技規則”より引用

スコアシートは、それぞれ色の異なる4枚の用紙(1枚のオリジナルと3枚のコピー)からなっている。オリジナルは白色で(公財)日本バスケットボール協会用である。第1のコピーは青色で大会主催者用、第2のコピーはピンク色で勝ちチーム用、最後の(第3の)コピーは黄色で負けチーム用である。

注1.スコアラーは、異なる2色のペンを使用し、1色(赤色)は第1クォーターおよび第3クォーター用に、もう1色(青色または黒色)は第2クォーターおよび第4クォーター用にする。オーバータイムは、青色または黒色のペンを使用する(第2クォーターおよび第4クォーターと同色)。

補足

ゲーム開始前およびゲーム終了後に記入する各項目およびスコアシートの最上段の各項目は、全て青色または黒色で記入する。

注2.スコアシートは電子入力で作成することもできる。

国内で開催されるすべての大会(ミニバスを除く)において新スコアシート(TZS880)を使用しなければなりません。
スポンサーリンク

試合前に記入すること

1.必要事項の記入(別の記入係が行ってもよい)

スコアシートのヘッダー欄サンプル

試合開始予定時刻の40分前 (ただし時間は大会ごとに定める規定に従う)に「Licence no.」(Licence No.欄にJBAメンバーIDの下3桁を記入(大会規定により必要な試合のみ)、「選手氏名」「No.(番号)」が記入されていることを確認し、以下の欄を記入する。

「チーム名」「大会名」「日付」「時間」(24時間制で書く)、「Game No.」「場所」「クルーチーフ」「1st アイパイア」「2nd アンパイア」

:チームAはホームチームとするが、大会や中立地域での開催の場合は、プログラムで先に記載されているチームをチームA、相手チームをチームBとする。

2.出場選手を確認する

スコアシート試合前選手登録書き方サンプル
  1. 10分または5分前(ただし時間は大会ごとに定める規定に従う)には、各チーム(チームA、チームBの順)のコーチに、最初に出場する5人のプレイヤーの「Player in(出場)」欄に、黒(または青色で「×」を記入してもらい、チームキャプテン「(CAP)」の記入、確認のサインをしてもらう。
  2. 「×」「(CAP)」が記入してあることを確認する 。
  3. 各チームのメンバーの氏名の記入がない枠は、「選手氏名」「No.(番号)」「Player in(出場)」欄に横線を引き、「ファウル」記入欄には最下段の右角まで斜線を引く。ただし1行の場合は、横線を引く。

3.ティップオフ前の最終確認をする

スコアシート選手氏名・スターティング確認サンプル

ティップオフ前に、両チームそれぞれ、最初に出場する5人のプレイヤーの背番号確認し、「×」を赤色の○で囲み、正しければ「確認OKのシグナル 」で審判に知らせる。番号が異なる場合は、その旨を審判に知らせる。

スポンサーリンク

試合中に記入すること

第1・3Qは赤色第2・4Q、OTそれ以外すべてまたは青色で書く。

1.タイムアウトを書く

タイムアウト欄の書き方サンプル

タイムアウトは、その時のクオーターの経過時間を記入(そのクォーターの色で)。
取らなかった分の枠は二本線で消す。
後半第4Q残り2分まで、タイムアウトを取らなかった場合、後半の最初の枠は二重線(黒・青)で消す。

2.チームファウルを書く

スコアシートチームファウルの書き方サンプル

チーム・ファウルはクォーターごとに数字を「×」で消す。4回未満の場合は、枠を二重線で消す。
コーチに記録されるテクニカルファウルはチームファウルに数えない。

3.個人ファウルを書く

スコアシート個人ファウル欄の書き方サンプル

「P」パーソナルファウル
「T」テクニカルファウル
「U」アンスポーツマンライクファウル
「D」ディスクォリファイングファウル

  • 罰則でフリースローが与えられる場合、文字の後ろにフリースローの本数を書く
  • 前半(1・2Q)、後半(3・4Q、OT)のファウルを太線で囲む
  • 使用しなかった枠に黒で横線を引く(氏名の記入がある枠のみ)。
  • ファウル累積5回以外での失格・退場の場合、「GD」(Game Disqualification の略)と記入
    「GD」と書くのは、選手が 「U」2回、または「T」2回、もしくは「U」+「T」計2回のいずれかで失格になった場合。(例えば「P」5回累積による失格は「GD」とは書かない。)
  • ファイティングが起きたときはチームベンチエリアを離れたことによるディスクォリファイングファウル「D」を記入し、残りの全ての枠に「F」(ファイティング)を記入する。

4.コーチ、ベンチのファウルの書き方

スコアシートコーチのファウル欄の書き方サンプル

「C」:コーチ自身の行為に対するテクニカルファウル
「B1:コーチ自身以外のテクニカルファウルを「コーチ」欄へ記入する場合
「B2:A.コーチ、交代要員のディスクォリファイングファウルを「コーチ」欄へ記入する場合
「D」:コーチおよびA.コーチのディスクォリファイングファウルをそれぞれ「コーチ」欄または「A.コーチ」欄に自身の行為に対するディスクォリファイングファウルとして記入する場合
「M」マンツーマンペナルティー(U15のみ)

2 回目(U12 では3回目)のマンツーマンペナルティを受けた場合、コーチは失格・退場「GD」となる。尚、マンツーマンペナルティ「M」とテクニカルファウル「C」「B」との合算による失格・退場は設定しない。また、基準規則違反によるマンツーマンペナルティは、コーチ自身のファウルとして記録し、チームファウルに数えない。

  • 罰則でフリースローが与えられる場合、文字の後ろにフリースローの本数を書く
  • 前半(1・2Q)、後半(3・4Q、OT)のファウルを太線で囲む
  • 使用しなかった枠に黒で横線を引く(氏名の記入がある枠のみ)。
  • ファウル累積5回以外での失格・退場の場合、「GD」(Game Disqualification の略)と記入
    「GD」と書くのは、選手が 「U」2回、または「T」2回、もしくは「U」+「T」計2回のいずれかで失格になった場合。(例えば「P」5回累積による失格は「GD」とは書かない。)
  • ファイティングが起きたときはチームベンチエリアを離れたことによるディスクォリファイングファウル「D」を記入し、残りの全ての枠に「F」(ファイティング)を記入する。
  • A.コーチ、交代要員意以外のチーム関係者のディスクォリファイングファウル「B」(ベンチエリアから出ただけの場合)または「B2」(直接関与した場合)を○で囲う。ただし、この場合、コーチ自身の失格・退場の3 個のテクニカルファウルには数えない。

5.ランニングスコアを書く

ランニングスコア書き方サンプル
  • フィールドゴールは/、フリースローは●を得点合計数上に記入。
  • 得点した選手の番号を記入。3点シュートは○で囲む。
  • 各Q最後の得点に○、太い横線で区切りをつける。
  • ランニングスコア欄の第4Q、OTの最後の得点に○、二本の横線を引く。
    下の空欄は斜線\を引く。

6.各クォーターごとの得点を書く

スコアシートクオータースコアの書き方サンプル

各Q(クォーター)の色で得点を記入。OT(オーバータイム)が二回以上続く場合は、OTの合計得点を記入。

スポンサーリンク

試合後に記入すること

1.最終スコアを書く

最終スコア書き方サンプル

「最終スコア」、「勝者チーム」、「試合終了時間」(24時間制)を記入する。

2.最終手続きをする

スコアシート最終審判サイン記入サンプル

スコアシートの記入・確認が完了したら、テーブルオフィシャルズ(T.O)および審判員にサインをもらう。

参考文献

  • 2021年 バスケットボール競技規則 (公財)日本バスケットボール協会 2021 年4 月1 日施行
  • 愛知県高体連スコアシート記入例2019~
  • 東京都高等学校体育連盟バスケットボール女子専門部 スコアシート記入例

コメント

タイトルとURLをコピーしました