【ミニバス用のスコアシートの書き方(2022年最新)】~JBAオフィシャルスコアシート~

※'22.5.1:【無料】ファウルシート(アシスタントスコアラー用)を追加。ver.220430
※'22.4.9:【無料】オリジナルスコアシート:PDFのメンバーシート入力箇所に入力フォーム追加ver.220409
※'22.3.27:【無料】オリジナルスコアシートの印刷表示の微調整、印刷ズレに関する微調整。ver.220327
※'22.3.26:【無料】オリジナルスコアシート(ダウンロード可)を追加。ver.220326
※'21.12.31:「テーブルオフィシャルズのオリジナルマニュアル」へのリンクを追加

ミニバススコアシート
赤:試合前に書くところ、青:試合中に書くところ、緑:試合が終わたら書くところ

ミニバス用のスコアシートを準備する

公式スコアシート(公式戦用)

ミニバス用のJBA公式のスコアシートは、以下から無料むりょうでダウンロードできます。

2022年2月現在、最新のミニバス用公式スコアシートは以下になります。

「関わる・育てる」「アンダーカテゴリー」U12カテゴリー「情報コンテンツ」U12情報コンテンツ

「ミニバスケットボール オフィシャルスコアシート [2019年4月1日改定] PDFファイル」
「ミニバスケットボール オフィシャルスコアシート [2019年4月1日改定] Excelファイル」

各都道府県の支部協会が管轄している試合や大会で使用する場合は、JBA公式サイトのものと同じだと思いますが、もしかしたら専用スコアシートがあるかもしれないので、念のため各支部のホームページを確認するとよいでしょう。

各都道府県協会へのリンク(JBA公式サイトより)

【無料】オリジナルスコアシート(カップ戦、練習試合用)

ダウンロードできる独自のミニバス用スコアシートを作りました。(編集可能かつ印刷用メンバーシート付)

オリジナルスコアシートの特徴

  1. ロック無しエクセルファイルがダウンロード可能。個人練習用、自チーム専用など目的に合わせて自由にカスタマイズOK。
  2. 公式スコアシートのサイズと一致。メンバー表だけで活用することが可能です。
  3. 名前の自動入力。スコアシートに入力した選手の名前が自動でメンバー表に入るので、少し手間が減ります。

New ver.220430:

  • ファウルシート(アシスタントスコアラー用)を追加。

※ダウンロードデータはカスタマイズ等含めご自由にご使用いただけますが、加工の有無を問わず商用利用は原則禁止します。

ver.220409:

  • Bチーム用の印刷シート追加。
  • Excelバージョンにおいてチーム名入力でスコアシートの薄黄色が消えるように変更
  • PDFバージョンでもメンバーシートの作成可能(動作確認はAdobe Acrobat Readerで行いました)

ver.220327:印刷表示の微調整、印刷ズレに関する微調整

ver.220326:リリースバージョン

スコアシートはだれが書く?

スコアシートを書くのは「スコアラー」のしごとです。

テーブルオフィシャルズ(T.O)の役割(やくわり)の1つで、スコアシートを書くことが主なしごとです。スコアラーはその他にもタイムアウトや選手交代の合図や、矢印(やじるし)(オルタネイティブポゼッションアロー)の向きを変えるなどのしごとを行います。

試合前に書くこと

1.最初に書くこと(わからないときは審判かサポートの保護者に聞くこと)

ミニバススコアシート 試合前に書くところ

「大会名」:「○○大会」、「○○カップ」、「○○杯」など
「日付」:書きかたの例→「2021年6月27日」
「時間」:書きかたの例→「14:30」
「会場」:「○○体育館」、「○○センター」、「○○アリーナ」など
「Game No.」:大会ごとに書きかたが違うので、確認してから書きましょう。事前じぜんにくばられた「トーナメント表」や「対戦表」をみてそこに書いてある番号ばんごうを書いたり、「Aコート」、「Bコート」などのコート番号ばんごうと試合の順番じゅんばんを「A-3」のように書くこともあります。

2.チーム名と選手とコーチの名前を書く

ミニバス スコアシート 試合前に書くこと

(1)チーム名を書く

左側ひだりがわのベンチにすわっているあわい(うすい)ユニフォームのチームが「チームA」です。間違まちがえないように書いてください。ただし、チーム同士どうし話合はなしあいでユニフォームの色が入れ変わっていることもあるので、注意しましょう。

あわいユニフォームの色の呼び方は「白」のままで良いですが、いユニフォームの色はいろんな色があるので、ユニフォームの色に合わせて「青」または「赤」のどちらか近い色のほうを書いておきましょう。

覚えておこう

呼び方が長くなってしまう「オレンジ」とか、「緑」とかだったり、呼び方が短くなってしまう「黄」とかは使いません。また、「くろ」「しろ」とさいごの「ろ」が同じで間違まちがえやすいのであまり使いません。
「青」「赤」と呼ぶのがのがふつうですが、迷ったら審判しんぱんの呼び方に合わせましょう。

(2)選手せんしゅとコーチの名前を書く

選手せんしゅの名前は、あらかじめ書いてあるか、もらったメンバーリストをり付けることが多いと思います。もし、選手せんしゅの名前が書いてなかったら、メンバーリストをもらってください。

覚えておこう

「Licence no.」(ライセンスナンバー)とは、FIBA(ふぃば)(国際バスケットボール連盟)またはJBA(じぇーびーえー)(日本バスケットボール協会)に登録しているコーチと選手の登録番号とうろくばんごうです。
すべての試合で必要なわけではありませんが、もし書く必要がある場合は、「Licence no.」の下3けた(右から3つの数字)を書きます。

空いているわくは、下の図↓のように、線で消してください。

ミニバス スコアシート 空き枠の消し方

(3)試合にでる選手せんしゅを確認する

ミニバス スコアシート 出場選手確認

試合開始前しあいかいしまえ(とクォーター開始前)に、T.O(テーブルオフィシャルズ) 席の前で、審判しんぱん一緒いっしょに試合に出場選手しゅつじょうせんしゅ背番号せばんごうを確認してください。
審判しんぱん背番号せばんごうを言ってくれるので、その番号のところに「/」を書いてください。

試合中に書くこと

1.タイムアウトを書く

ミニバススコアシート タイムアウト書き方

タイムアウトはそれぞれのクォーターごとに1回づつ取ることができます。使わなかったところは2本線で消してください。

2.チームファウルを書く

ミニバス スコアシート チームファウル

チームファウルはクォーターごとに数字を「×」で消してください。

覚えておこう

コーチや現在試合に出ていない選手せんしゅのテクニカルファウルはチームファウルには入れません。

チームファウルの数が違うことに気が付いたら

チームファウルが違うと試合に影響えいきょうしてしまうので、すぐにアシスタントスコアラー(テーブルオフィシャルズ(T.Oてぃーおー)のメンバーの中で、個人ファウルのはたかかげる人)に連絡れんらくして、確認してもらいましょう。

3.出場時限を書く

ミニバス スコアシート 出場時限
  1. 各クォーターがはじまる前に、試合がはじまる前にやったのと同じように出場するプレイヤーのわく「/」を書いてください。
  2. 途中交代とちゅうこうたい出場しゅつじょうした選手せんしゅには反対はんたいのななめの線「\」を書いてください。
覚えておこう

10人以上の選手せんしゅがいるチームの場合:

“第3クォーターまでに10人以上のプレーヤーが少なくとも1クォーター以上、2クォーターをこえない時間だけはゲームに出場していなければならない。”

8人以上10人未満のチームの場合:

  • 第3クォーターまでにすべてのプレーヤーが少なくとも1クォーターはゲームに出場しなければならない。
  • やむをえずクォーターの途中で交代があった場合、それまで出場していたプレーヤーも交代して出場したプレーヤーもその1クォーターを出場したものとみなされる。
出場選手の数がおかしいと気づいたら

以下のことに気がついたらすぐに審判せんしゅに知らせましょう。

  • 10人以上の選手がいるチームなのに同じ選手が1クォーターから3クォーターまで連続れんぞくで出場している
  • 10人以上の選手がいるチームなのに3クォーターまでに9人以下しか出場していない
  • 全部で8人または9人の選手がいるのに、3クォーターまでに出場していない選手がいる

4.個人ファウルを書く

ミニバス スコアシート ファウルの書き方

ファウルをあらわす記号の種類しゅるい
「P」パーソナルファウル
「T」テクニカルファウル
「U」アンスポーツマンライクファウル
「D」ディスクォリファイングファウル

ミニバス スコアシート ファウルの書き方
  • フリースローがある「P」(パーソナルファウル)には、右側に「’」を書きます。
  • 「P」(パーソナルファウル)、「T」(テクニカルファウル)、「U」(アンスポーツマンライクファウル)の記号の右側にそのときのクォーターの数字を書きます。
  • 最終的に使用しなかった枠(わく)に黒で横線を書いてください(名前が書いてある枠のみ)。
  • ファウル5回以外での失格しっかく退場たいじょうの場合、「GD」(Game Disqualification のりゃく)と書きます。
    「GD」と書くのは、選手が 「U」2回、または「T」2回、もしくは「U」+「T」計2回のいずれかで失格しっかくになった場合。(例えば「P」5回による失格しっかく「GD」とは書きません。)
  • ファイティングが起きたときはチームベンチエリアをはなれたことによるディスクォリファイングファウル「D」を書いて、残りのすべてのわく「F」(ファイティング)を書きます。

5.コーチやベンチのファウルを書く

ミニバス スコアシート コーチのファウル

「C」:コーチ自身のテクニカルファウル
「B」:コーチ自身以外のファウルを「コーチ」らんへ書くときの記号(ベンチメンバーのテクニカルファウル)
「D」:コーチおよびA.コーチのディスクォリファイングファウル
「M」マンツーマンペナルティー

  • 最終的に使用しなかった枠(わく)に黒で横線を書いてください(名前が書いてある枠のみ)。
  • コーチが失格しっかく退場たいじょうになったときは、「GD」(Game Disqualification の略)と書きます
  • ファイティングが起きたときはチームベンチエリアをはなれたことによるディスクォリファイングファウル「D」を書いて、残りのすべての枠に「F」(ファイティング)を書きます。
覚えておこう

 3 回目のマンツーマンペナルティを受けた場合、コーチは失格しっかく退場たいじょう「GD」となります。マンツーマンペナルティ「M」は、チームファウルに数えません。

6.ランニングスコアを書く

ミニバス ランニングスコア
  • フィールドゴールは「/」、フリースローは「●」得点合計数とくてんごうけいすうの上に書きます。
  • 得点した選手の番号を書きます。
  • 各クォーター最後の得点を「○」でかこみ、太い横線で区切りを書きます。
  • ランニングスコアらんの第4クォーター、OTの最後の得点を「○」でかこみ、二本の横線を書いてください。下の空欄くうらん斜線しゃせん「\」を書きます。
途中で得点がズレてることに気づいたら

あせってしまって、わからないまま直してしまったり、試合中なのに試合を見ずにまわりの人と相談を始めたりしてはいけません。(まわりの人に違うかもしれないことを伝えるだけならOKです。)

  1. まず落ち着いて「わからないところ」や「不安なところ」にしるしをつけてください。
  2. そして、そのまま今の試合に集中して、書くことを続けてください。
  3. ハーフタイムなど試合が止まったところでブザーを鳴らして審判しんぱんに相談してください。
  4. 審判しんぱんの指示にしたがって、それぞれのチームが書いているスコアシートと比較ひかくするなどして、正しいスコアに修正します。

7.各クォーターごとの得点を書く

ミニバス スコアシート 各クォーターの得点

各クォーターごとの得点を書いてください。

覚えておこう

OT(オーバータイム)が2回以上続く場合は、OTの合計得点を書きます。

試合後に書くこと

1.最終スコアを書く

ミニバス 最終スコア
ミニバス 勝利チーム

「最終スコア」、「勝者チーム」、「試合終了時間」(24時間制)を書きます。

2.最終手続きをする

ミニバス スコアシート 最終手続き
  1. ランニングスコアの空欄に「\」、ファウルの空欄くうらんに横線「─」を書いて、その他書き忘れが無いかを確認してください。
  2. 書き忘れが無ければ、テーブルオフィシャルズ(T.Oてぃーおー)および審判員しんぱんいんにサインをもらってください。