バスケの技術

バスケの技術

『ターンオーバー』を制する者は試合を制す~試合でミスをしない考え方とは~

『ターンオーバー』とは、攻撃側がボールを失い、ポゼッションが相手側に変わること。 「ターンオーバーの原因と対策」「ターンオーバーを防ぐ考え方」などターンオーバーとの向き合い方についてまとめました。 ※2022年1月11日:「ターンオーバーを減らすための3つの注意点」を追加
ディフェンス

【ルーズボールの奪い方】~ハッスルプレーでチームを勝利へと導こう~

ルーズボールを獲得して、チームの勝利に貢献できる選手になろう。意外と初心者にとってわかりにくい「ルーズボールの大切さ」などの意義やメリット、それから「ルーズボールの取り方」などについてまとめました。
オフェンス

【速攻(ファストブレイク)】~各選手の役割と動きの基本~

バスケでは速攻のことを「ファストブレイク」と呼ぶことがあります。本記事ではファストブレイクの目的・効果・流れ・用語・それぞれの選手の動き方などの基本的なことを説明します。※2021年12月18日:速攻に関する用語説明を追加。
ディフェンス

【スクリーンディフェンスの基本】~ピックアンドロールの守り方~

スクリーンディフェンスのセオリーを覚えて、理解した上で、ボールマンディフェンスとスクリーナーディフェンスの動きを覚えよう。「スクリーンディフェンスの声と動きのセオリー」「ピックアンドロールの守り方(基本5種、応用3種)」
オフェンス

『オフボールの動き方』~スペーシングのセオリーとカットの種類~

「オフボールの動きを身に付けるためのステップ1・2・3」、「オフボールの動きで最も大切な5つの原則」、「状況に応じた動きの例」、「カット(カッティング)の動きの種類」
オフェンス

【ポストプレーの基本】~動きを理解して積極的にポストアップしよう~

アウトサイドのプレーが主流の現代のバスケだが、ゴールに背を向けた動きや、ゴール付近でのステップワークやフィジカルプレーを覚えることで、得点力が上がるだけでなく、チームオフェンスへの適応力にもつながる。
ディフェンス

【ディフェンスの姿勢(構え)】~攻めの守りワンアームと抜かせないツーアーム~

試合でのチームディフェンスの動きや、ディフェンスのフットワークやハンドワークを覚える前に、そのすべての基本となるディフェンスの姿勢(構え)をまとめる。ワンアームの距離でのディフェンスとツーアームの距離でのディフェンスでは、その目的が異なるため、姿勢も異なる。※2021年12月16日:ワンアームのメリットとツーアームのメリットを追加
バスケの技術

【コーチとのコミュニケーション】~良い選手は叱られ上手~

「叱られ方」や「聞き方」コーチとのコミュニケーションの取り方ひとつで自分の成長が変わります。 コーチと良いコミュニケーションをとるにはどうしたらいいかを考えてみます。