【ドリブルの目的と基本姿勢】~試合で使えるドリブルを身に付けよう~

試合で求められるレベル

  • 目的の無いドリブルをしないこと
  • 両手どちらでもドリブルできること
  • スピードとリズムをコントロールできること
  • ボールばかり見ずに視野を確保できること
  • コンタクトで簡単にコントロールを失わないこと
  • 次の動作を決めずに安易にドリブルを止めないこと
  • ドリブルからスムーズにシュート、パスが行えること
スポンサーリンク

ドリブルの目的

試合では目的をもってドリブルしなければなりません。目的の無いドリブルは、チーム全体のオフェンスを損なうので注意すること。

  1. ボールを運ぶ
  2. ドライブする
  3. オープンショットを作る
  4. パスレーンを探す
  5. トラップ(ダブルチーム)から抜け出す
  6. 時間を使う
スポンサーリンク

ドリブルの基本姿勢

試合では、その場に止まりながらドリブルすることはまずありません。相手や周囲の状況によって柔軟に対応できる様々なドリブルをすることができるようになろう。

  1. 指を広げて、手首をリラックスさせる
  2. 指先でボールをコントロールする(手のひらを使ってはいけないという意味ではない)
  3. なるべく低い姿勢(手から離れる時間を短くすると取られにくい)
  4. 体の横で突く(足運びの邪魔にならない)
  5. 強く突く(手から離れる時間を短くすると取られにくい)
  6. ボールを守る姿勢(手や体を使ってボールを守り、相手から遠くで突く)
  7. 視線を上げる(周囲を見る)
スポンサーリンク

クリス・ポールのドリブルワークアウト動画

コメント