【プレッシャードリブルのチェックポイント】~詰められても奪われないドリブルを手に入れる~

プレッシャードリブルのイメージ
  1. 安易にドリブルを止めると、プレーの選択肢が減ります。
  2. 安易にドリブルを止めると、ディフェンスに距離を詰められます。
  3. 安易にドリブルを止めると、パスコースを塞がれます。

本記事はドリブルを止めて相手に囲まれてしまいがちな選手のためのチェックポイントです。

スポンサーリンク

プレッシャーを受ける理由(ディフェンスに詰められる理由)

  1. ドリブルのスキル不足、または自信が無い。
  2. パスのスキル不足、または自信が無い。
  3. パスやシュートの判断が遅い。
  4. ゴールに向かう気持ちが少ない。
  5. チームのスペーシングが悪い。
  6. 相手のディフェンスが強い。
  7. 気持ちが受け身になっている。
  8. 相手が先に仕掛ける(相手が速い)。
スポンサーリンク

プレッシャードリブル時のチェックポイント

プレッシャーを受けているときのドリブルの仕方を自分でチェックしてみよう。

1.ディフェンスとの距離

どのぐらいまでの距離ならプレッシャーを感じないかを自分で把握する。

2.姿勢

バランスの良い前傾姿勢になっているか。(トリプルスレッド、パワーポジション

3.アームバー

ドリブルと逆の手でアームバーを使っているか。

4.足の位置

右手でドリブルしているときは左足前が基本。(得意なプレーによっては異なることもあり。)

5.ドリブルの位置

相手から遠い位置にドリブルをつくことができているか。

6.ドリブルの強さ

ドリブルを低く強くつくことができているか。

7.方向転換の技術

フロントチェンジクロスオーバー)、バックチェンジレッグスルーロールターンなど方向転換のスキルは足りているか。

8.ハンドリングや技術

ポケットドリブルの深さやドリブルの緩急、リトリートドリブルなど相手とのスペースを確保するハンドリング技術は足りているか。

9.視野の確保

ヘッドアップできているか。また相手に背中を向けていないか。(場合によってはボールは守るために必要だが、視野が狭くなるため選択肢が減る)

参考動画

英語なので大変かもしれませんが、ご参考まで。

関連記事

ありがとうございます

最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは、座学時間が不足しがちなすべての学生バスケ関係者を支援することを目的としています。
わかりやすさと鮮度の高さを心がけて鋭意情報配信していますので、他の記事もいろいろ閲覧してもらえると嬉しいです。

2022バスケットボール競技規則

JBA監修。公式ルールブック『2022 バスケットボール競技規則(ルールブック)』の入手方法

JBA Topページ」→「関わる・育てる」→「2022 バスケットボール競技規則」→ [2022競技規則・公式解説(インタープリテーション)]

TOマニュアル

JBA監修。公式『2022 テーブルオフィシャルズ・マニュアル』の入手方法

JBA Topページ」→「関わる・育てる」→「TO(テーブルオフィシャルズ)」→「TOマニュアル(ダウンロード)」→
[1. TOマニュアル]
[2. TOマニュアルハンドブック]
[3. TO主任マニュアル]
[4. U15 / U18 TOマニュアルハンドブック]

ドリブルバスケの技術
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual