【科学的に元気になる方法】~試合で最高のパフォーマンスを発揮するには~

バスケの試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、心と体の健康が大前提です。

元気と声で自分を盛り上げて試合に臨めばきっとシュートが決まります。

科学的に元気になる方法集めました<ライト版>」はバスケだけでなく人生の役に立つのでかなりお勧め。以下に紹介する方法は全部科学的根拠がある。本記事はその目次を抜粋したので、参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
  1. まず習慣にしてみてほしい元気のスイッチ5つ
    1. 01 身体が先で、そのあとに脳は考える
    2. 02 笑顔の力
    3. 03 続・笑顔の力
    4. 04 沈んだ気分を一気に上げる方法
    5. 05 日本人と欧米人の決定的な違い
  2. パフォーマンスとテンションを高める習慣
    1. 06 作業に「ノリ」がほしいときは
    2. 07 テンションが下がりそうなとき
    3. 08 ここ一番で結果を出すために
    4. 09 疲れが出てきたときは
    5. 10 ひらめきがほしいときには
    6. 11 睡眠と効率
    7. 12 小さな目標、大きな目標
    8. 13 あともうひとふんばり
    9. 14 色と心
    10. 15 働くモチベーションを保つには
    11. 16 成長の心理学
  3. 元気を出すために「やってはいけない!」習慣
    1. 17 やけ酒してはいけない!
    2. 18 ののしり言葉は禁止!
    3. 19 ネガティブ・ループにはまってはいけない!
    4. 20 人の悪いところに注目してはいけない!
    5. 21 威張ってはいけない!
    6. 22 過去を引きずってはいけない!
  4. 心を平静に整えてくれる習慣
    1. 23 気持ちを切り替える
    2. 24 心のゆとりを取り戻す
    3. 25 香りでストレスを減少させる
    4. 26 疲れているのになんだか眠れない!というとき
    5. 27 「漠然とした不安」が消えないときは
    6. 28 試験、面接、商談、プレゼンなどの直前に
    7. 29 腸は、第二の脳
    8. 30 手軽にほっとする
  5. 最高のスタートを切るために朝一番に試したい習慣
    1. 31 アメリカの効率高校が全米で学力1位を取れた方法
    2. 32 朝一の疲労をやわらげる
    3. 33 朝からコンディションを完璧に整えたい!というときは
  6. 幸福感を高めてくれる習慣
    1. 34 情けは人の為ならず、が証明されました
    2. 35 食事で元気を出すには
    3. 36 スキンシップで幸福度を高める
    4. 37 スキンシップで幸福度を高める2
    5. 38 言語を学ぶことのメリット

まず習慣にしてみてほしい元気のスイッチ5つ

01 身体が先で、そのあとに脳は考える

各界の一流たちが実践している「やる気スイッチ」の入れ方、それは「とにかくやり始める」こと

02 笑顔の力

別に楽しいことがないときでもフェイク・スマイルで笑顔をつくるとストレスが軽減されて気分がよくなる

03 続・笑顔の力

顔がくしゃくしゃになるくらいのフェイク・スマイル【強化版】でコミュニケーションを取ると環境がよくなる

04 沈んだ気分を一気に上げる方法

手足の動きは表情よりもさらに優位に感情を動かす=楽しい動きをすると、楽しくなってくる

05 日本人と欧米人の決定的な違い

背筋をピン!と伸ばして堂々と歩くと気持ちが積極的になり、さらにストレスホルモンが減少する

スポンサーリンク

パフォーマンスとテンションを高める習慣

06 作業に「ノリ」がほしいときは

動作に効果音(かけ声)を足すことで、効果や効率が増していく

07 テンションが下がりそうなとき

なりきり」作用を駆使して、「なんか、この状況を逆に楽しんじゃってる」気持ちになってみる

08 ここ一番で結果を出すために

胸を張って生活することで、「できる人」オーラが自然と発せられるようになる

09 疲れが出てきたときは

仲間同士の「愛ある注意」で途切れた集中力がよみがえる

10 ひらめきがほしいときには

「ぼーっ」とすると脳は平常時の15倍働き、良いアイデアがわいてくる

11 睡眠と効率

20~30分の昼寝で能力が睡眠前よりも34%向上する

12 小さな目標、大きな目標

やらせ成功体験」でモチベーションを高め、「パブリック・コミットメント」で賛同してくれる仲間を増やす

13 あともうひとふんばり

時間を測り「あと〇分!」とゴールを見ながら仕事をする

14 色と心

赤やオレンジのアイテムをみにつける、身の回りに置くとやる気がわいてくる(ただし、赤は攻撃的に見える色なので注意)

15 働くモチベーションを保つには

社会的な「意義」よりも個人の「好き」のほうが動機付けとしては強力

16 成長の心理学

正しい自信をつけるには「認知バイアス」の壁を打ち破る必要がある

スポンサーリンク

元気を出すために「やってはいけない!」習慣

17 やけ酒してはいけない!

やけ酒すると、イヤな記憶、イヤな気持ちがより強く定着してしまう

18 ののしり言葉は禁止!

怒りの感情は、人やモノに当たっても解消できず、それどころかより激しい怒りが湧いてくる

19 ネガティブ・ループにはまってはいけない!

落ち込んでいるときほど、人はネガティブなものに巻き込まれてしまう

20 人の悪いところに注目してはいけない!

「減点法」で人を見ているとイライラが止まらなくなる

21 威張ってはいけない!

「権力を持っている」という感覚は共感力を鈍らせる

22 過去を引きずってはいけない!

昔の恋人のSNSをチェックする人は、人間として成長できない

スポンサーリンク

心を平静に整えてくれる習慣

23 気持ちを切り替える

青空を見上げることで、

  1. まず空の色で神経が落ち着き、
  2. 姿勢が正されることで気分が整う

24 心のゆとりを取り戻す

お茶をゆっくり淹れ、「何もしない時間」をつくることで脳がリセットされ、平静が戻ってくる

25 香りでストレスを減少させる

コーヒー豆の香りをじっ・・・・と嗅ぎ、良い気分になるのを待つ

26 疲れているのになんだか眠れない!というとき

一息20秒ほどの深呼吸をすることで脳に「休んでいいんだぞ」という指令を送る

27 「漠然とした不安」が消えないときは

心のざわつきやモヤモヤは「不安の原因」を特定し、「やるべきこと」を明確にすることでおさまる

28 試験、面接、商談、プレゼンなどの直前に

勝負の直前に「不安」を書き出すことでパフォーマンスがむしろ高まる

29 腸は、第二の脳

空腹状態を避け、腸内の環境を整えてあげると気分が安定する

30 手軽にほっとする

まるで温泉に入ったときのような幸福感を得られる「手浴」

最高のスタートを切るために朝一番に試したい習慣

31 アメリカの効率高校が全米で学力1位を取れた方法

朝起きた時に息が上がるくらいの運動をすることで、脳がベストの状態に覚醒する

32 朝一の疲労をやわらげる

41度の熱めのシャワーを浴びることで自律神経が整ってくる

33 朝からコンディションを完璧に整えたい!というときは

朝のルーティンの究極コンボは、運動→41度のシャワーで汗を流すからの、「38~40度の風呂につかる」

幸福感を高めてくれる習慣

34 情けは人の為ならず、が証明されました

身近な友人、知人、恩師などが喜んでくれそうなことを1週間に5回行うと幸福度が高まる

35 食事で元気を出すには

食事をするときは、いつもの仲良しチームとだけではなく、「これから仲良くなりたいなぁ」と思う人とワイワイと

36 スキンシップで幸福度を高める

指圧マッサージでセロトニンとドーパミンが分泌される

37 スキンシップで幸福度を高める2

人と関わる気分になれないならば、動物とふれあうことでセロトニンを増加

38 言語を学ぶことのメリット

外国語を学ぶと脳が発達し、マルチタスクが得意になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました