【NBAジャパンゲームス2022《旅の記録》】~子供には見せられない現実的な話~

※2022年10月7日:見逃し動画とハイライト動画へのリンクを追加。

2022年10月2日のNBA Japan Games ウォリアーズ対ウィザーズの第2戦を家族3人で観戦してきました。もちろん、めちゃくちゃ楽しかったのですが、本記事では、観戦の楽しさをお伝えするような記事ではなく、次回のために現実的な費用や注意した方が良さそうなことを説明していますので、あらかじめご理解くださいませ。

さいたまスーパーアリーナ
画像引用「Google Map ストリートビュー」(2022年10月)
スポンサーリンク

旅の概要

約400kmの彼方より前々日の夜中に出発。初日は神奈川県で観光して、そのまま神奈川県で宿泊、2日目に「NBA Japan Games ウォリアーズ対ウィザーズの第2戦」を観戦するという旅計画でした。

遠方在住でしかも普通の会社員の自分にとってはかなり思い切った出費ですが、子供とともにバスケ一色でこれまで数年間を過ごしてきた我が家にとっては、いろいろな想いが詰まった特別な旅なので、この出費はなんとか許容範囲内という考えです。

スポンサーリンク

席について

ここが一番悩んだ部分です。

自分はRakuten会員なのでチケットは先行抽選で当選したのですが、抽選申し込みの際は、チケット購入は第3希望まで記入しました。抽選の申し込み時点でクレジットカートを指定して、当選した時点で支払いとなります。(他の支払い方法はどうするのはよくわかりません)

4月に抽選だったので、仕事の予定とか、その他の予定はまだ未定だっため、当選後のキャンセルについて調べましたが、当選後のキャンセルは一切受け付けないということでした。ただ、営利目的でなければ譲渡は禁止されていないため、まあ問題ないだろうと考えて応募に踏み切りました。

自分の場合、第一希望が「スタンド400」13000×3枚、「スタンドエンド」8000×3枚、第3希望が「スタンドA前段」28000×2枚としましたが、「スタンド400」が当選しました。

さいたまスーパーアリーナの「スタンド400」席の感想

スタンド400の視点
「スタンド400からの視点」4面ディスプレイの上面ぐらいが目線の高さでした。

遠いだろうと思って双眼鏡を準備していたのですが、肉眼(視力左右共に1.0)で十分プレーを観ることができました。

シュートやパスなどの細かい動きもわかったし、手前側の選手なら背番号も判別可能だったし、何よりウォリアーズのシュート練習のサイドだった(抽選なので選べない)ので、カリーの試合前のシュート練習をガッツリ観ることができてラッキーでした。

もちろん選手の表情は肉眼ではわからないのですが、音楽やMCなど、臨場感と迫力も得られるし(後ろの席の少年の詳細な解説もついていましたし)、自分にとっては十分満足できました。

他の席で観戦したことがないので、ただの個人的な感想に過ぎませんが、4面ディスプレーは正面ではっきり観られるし、コート全体も観ることができたので、わりとコストパフォーマンスの高い席だったんじゃないかと思います。

参考情報
  • 席は狭いので、端の席じゃないと試合中の離席は結構厳しい
  • ハーフタイムのトイレは並ぶので厳しい
  • ペットボトル持ち込み禁止だが、中で買うにしても、まあまあ売り切れていた
  • 双眼鏡を持って行ったが、特定のプレーヤーを追っかけたい場合を除いて不要だった
  • 入場するために並ぶ場所がちょっとわかりにくく、一旦別の列に並んでしまったので、すぐに係の人に尋ねるべきだった(入場したいゲートの列の最後尾の案内は特に無かった)

自分がチケットに関して支払った金額

  • チケット代金計:¥39,000(スタンド400 ¥13,000 x 3枚)
  • システム利用料:¥660(税込)
  • 特別先行手数料:¥2,310(税込)
  • 引取手数料:¥110/1枚ごと(コンビニ支払い)

些細なことかも知れませんが、チケット代だけでなく「システム利用料」「特別先行手数料」「引取手数料」がかかりましたので、念のため記載しておきます。

チケットの発券

自分の場合は、試合当日1週間前にコンビニ(セブンイレブン)で発券しましたが、1か月ぐらい前から発券可能だと思います。

レジで店員さんに当選メールに記載されている「引換票番号(13桁)」を提示したら、すんなり発券してもらえました。(引取手数料はたぶん他の買い物と一緒に清算されたと思います。)

参考情報

チケットは事前に半券裏に、「名前」・「住所」・「電話番号」を記入が必要です。

スポンサーリンク

ホテルの予約

ホテル
画像引用「Google Map ストリートビュー」(2022年10月)

通常なら試合会場の「さいたまスーパーアリーナ」の近くで予約するのだろうと思いますが、ホテルの種類もたくさんあるし、前日に横浜観光もしたかったので、新横浜駅の近くに宿泊しました。

ベストウェスタンホテルフィーノ新横浜」3人で一泊¥16000+駐車場¥2000でしたので、かなり安かったと思います。

素泊まりですが、近くにラーメン博物館とか食事をする場所には困らないので、外で食べたほうがむしろいいぐらいの場所です。

  • 宿泊費:¥16000
  • 駐車場:¥2000

交通費(ガソリン代とETC料金)

画像引用「Google Map ストリートビュー」(2022年10月)

ガソリン代が今だと150円/L以上するので、大体¥10000ぐらいでしょうか。ETC料金が¥15000ぐらいでした。

新幹線で行くことも検討しましたが、お土産等のことを考えるとやっぱり車がいいかなと思って車にしました。

さいたまスーパーアリーナ」周辺に駐車場があるかどうか心配だったので、事前に予約して、大宮駅の近くの「パーキングセンターシロタ」へ。「さいたまスーパーアリーナ」の最寄り駅は「さいたま新都心駅」で、「大宮駅」とはひと駅分しか離れていないため、ここにしました。

その他食費や雑費

画像引用「Google Map ストリートビュー」(2022年10月)

食費やサービスエリアでちょっとした飲食を買ったり、お土産を買ったりした分が、大体¥30000ぐらい。

合計

今回の旅費の合計は、だいたい¥120000でした。

というわけで我が家の場合は、他の旅行案件とも一緒にまとめた効果もあり、わりとコンパクトにまとめることができました。

本当はグッズも購入したかったし、もっと近くで見たかったというのが本音ですが、金銭的なこともそうですが、初回で様子がわからなかったということもあるので、これ以上の席を取る勇気が無かったです。

次回(いつあるか不明ですが)自分と同じように遠くから参戦する方はぜひご参考までに。

NBAジャパンゲームス2022の動画

NBA Rakutenで見逃し動画を配信中です。いつ有料になるかわからないので、今のうちにどうぞ。

「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」 ウィザーズ vs ウォリアーズ GAME 1 (2022/9/30)【アーカイブ】
NBA Japan Games Saturday Night 2022 Presented by Rakuten & NISSAN | NBA Rakuten
「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN」で来日するウォリアーズとウィザーズの選手やスペシャルゲストなどが参加するファンイベント。スラムダンクコンテンスト、シューティングスターズ、3ポイントコンテストなど、NBAオールスターでもお馴染みのイベントを実施 さ...
NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN【GAME 2】 | NBA Rakuten
NBAを観るなら【NBA Rakuten】!NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten & NISSAN【GAME 2】のNBA動画はこちらから!NBA Rakutenでは、日本語実況&解説付きLIVE・見逃し(VOD)配信やオリジナル番組・ハイライト映像を提供! さらに無料で観...

ハイライト

【試合ハイライト】ウォリアーズ対ウィザーズ|NBA Japan Games 2022 GAME 1(2022/9/30)【NBA Rakuten】

【試合ハイライト】ウィザーズ対ウォリアーズ|NBA Japan Games 2022 GAME 2(2022/10/2)【NBA Rakuten】

ありがとうございます

最後までご覧いただきありがとうございます。
当サイトでは、座学時間が不足しがちなすべての学生バスケ関係者を支援することを目的としています。
わかりやすさと鮮度の高さを心がけて鋭意情報配信していますので、他の記事もいろいろ閲覧してもらえると嬉しいです。

※Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

2022バスケットボール競技規則

JBA監修。公式ルールブック『2022 バスケットボール競技規則(ルールブック)』の入手方法

JBA Topページ」→「関わる・育てる」→「2022 バスケットボール競技規則」→ [2022競技規則・公式解説(インタープリテーション)]

TOマニュアル

JBA監修。公式『2022 テーブルオフィシャルズ・マニュアル』の入手方法

JBA Topページ」→「関わる・育てる」→「TO(テーブルオフィシャルズ)」→「TOマニュアル(ダウンロード)」→
[1. TOマニュアル]
[2. TOマニュアルハンドブック]
[3. TO主任マニュアル]
[4. U15 / U18 TOマニュアルハンドブック]

バスケ雑記
スポンサーリンク
シェアする
Basketball Manualをフォローする
Basketball Manual