バスケ試合でのポジションごとの役割と有名選手一覧 ~黒子テツヤのポジションは?~

バスケットボールの試合中、自分の役割を意識しているだろうか。勝利を目的とした試合に出場する場合、チームの中での自分の役割が必ずあります。

役割の意識を高めることでチームや選手同士が連動したプレーが可能になり、試合での勝利の可能性も高くなります。

バスケットボールの試合での役割は「点を取ること」や「リバウンドを取ること」など、挙げればきりがないほど多岐に渡り、それらを一般化してわかりやすく表現したものが「ポジション」です。

その役割分担を決める「ポジション」には主に以下のような種類があり、各ポジションはそれぞれ1~5番の番号で呼ばれます。

  • 1番ポジション:ポイントガード【PG】
  • 2番ポジション:シューティングガード【SG】
  • 3番ポジション:スモールフォワード【SF】
  • 4番ポジション:パワーフォワード【PF】
  • 5番ポジション:センター【C】
スポンサーリンク

各ポジションの役割と求められるスキル

ポイントガード【PG】

ポイントガードとは、ゲームをコントールするハンドラー/パサーであり、チームの司令塔。

ポイントガードに求められる役割や能力(スキル)

ポイントガードは、試合の流れをコントロールし、なるべく確立の高いシュートへと導くために、高いバスケットボールIQが必要で、尚且つ、積極的に声を出し、コート上での監督として機能することが求められる。

オフェンス面では、しっかりとしたハンドリングスキルとパススキルを持ち、ボール運びができて、シュート力も必要。

ディフェンス面では、相手チームで1番のボールハンドラーを守ることや、スチールも積極的に狙っていくことが必要。

ポイントガードに必要な能力(スキル)

ポイントガードに関する動画

【NBA】歴代ポイントガードTOP10

シューティングガード【SG】

シューティングガードとは、チームの得点源であり、シューター/スラッシャー

シューティングガードは、特に3ポイントシュートなどのアウトサイドシューターとしての得点能力とポイントガードのサポートや連携が求められる。

オフェンス面では、3ポイントシュートだけでなく、ポイントガードに次ぐボールハンドリング能力で、ドリブル突破能力も必要。また、スクリーンをしたり、オープンスペースを見つけるなどのオフボールの動きも求められる。オフェンスリバウンドも重要。

ディフェンス面では、オールラウンドなディフェンス力が求められる。スチールを狙ったり、ペリメーター付近でのフットワークが必要だが、時にはインサイドのディフェンスも求められる。

シューティングガードに必要な能力(スキル)

シューティングガードに関する動画

【NBA】歴代シューティングガードTOP10

スモールフォワード【SF】

スモールフォワードとは、アウトサイド寄りのオールラウンダー。

スモールフォワードは、最も役割の幅が広く、オフェンスもディフェンスも、速さも強さも、万能な能力が求められる。また、チームのスタイルによっても求められる能力が異なる。

オフェンス面では、シュート力だけでなく、特にドライブ能力が必要。また、インサイドでの得点力も求められる。オフェンスリバウンドも重要。

ディフェンス面では、ペリメーター付近での俊敏なディフェンス力、ペイントエリア付近での強いディフェンス力のどちらも求められる。リバウンド力も重要。

スモールフォワードに必要な能力(スキル)

  • 得点力(インサイド・アウトサイドの両方)
  • ボールハンドリング
  • スピード
  • リバウンド力
  • ディフェンス力(ペリメーターリム付近の両方)

スモールフォワードに関する動画

【NBA】歴代スモールフォワードTOP10

パワーフォワード【PF】

パワーフォワードとは、インサイド寄りのオールラウンダー。

パワーフォワードは、オフェンスでもディフェンスでも、ペイントエリアやリム付近での強さが求められる。また、リバウンドも重要な役割となる。

オフェンス面では、特にペイントエリア内での動きと得点力が必要。また、特にミドルレンジのシュート力が必要で、場合によっては3ポイントシュートも求められる。また、スクリーナーとしての動きも求められる。

ディフェンス面では、ペイントエリアやリム付近での強さが求められ、ボックスアウトやポストディフェンスの技術と強度が必要。

パワーフォワードに必要な能力(スキル)

  • 身長
  • パワー
  • ペイントエリアやミドルレンジでの得点力
  • リバウンド力
  • ブロック能力

パワーフォワードに関する動画

【NBA】歴代パワーフォワードTOP10

センター【C】

センターとは、チームの大黒柱。

センターは、ディフェンスでもオフェンスでも主にゴール下で仕事をする。ゴール下からゴール下への移動や、相手とのコンタクトが多いため強いフィジカルだけでなくスタミナも求められる。

オフェンス面ではリム付近での得点力とオフェンスリバウンドが求められる。また、ペイント付近での動きやポストプレイによる得点力が必要。スクリーナーとしての動きも求められる。

ディフェンス面では、相手のシュートをブロックする能力が必要。また、センターにとって、リバウンド能力は何よりも重要。

センターに必要な能力(スキル)

  • 身長
  • パワー
  • ブロック能力
  • リバウンド力
  • インサイドでの得点力

センターに関する動画

【NBA】歴代センターTOP10
スポンサーリンク

その他のポジション

コンボガード(CG)

ポイントガードまたはシューティングガードのどちらの仕事もこなす選手。ボールハンドリング、パス、シュート力を兼ね備えた選手。NBA選手の中ではジェームス・ハーデンが該当。

ポイントフォワード(PF)

ポイントガードの役割を果たすスモールフォワード。フォワードとして得点力を持ちながら、アシスト能力が高い選手。NBA選手の中ではレブロン・ジェームスが該当。

ガードフォワード(GF)(スウィングマン)

スモールフォワードまたはシューティングガードのどちらの仕事もこなす選手。身長やスピードでミスマッチを生むことができる。NBA選手の中ではポール・ジョージが該当。

センターフォワード(CF)(フォワードセンター)

パワーフォワードとセンターの両方ができる選手。NBA選手の中ではクリスタプス・ポルジンギスが該当。

ストレッチ4

3ポイントシュートが打てるパワーフォワードの選手。NBA選手の中ではケビン・ラブが該当。

スポンサーリンク

各ポジションの責任範囲

役割(プレーシーン)PGSGSFPFC
得点
アシスト
ボール運び
オフェンスリバウンド
ディフェンスリバウンド
ペリメーターディフェンス
リムディフェンス
セーフティー
ポストアップ
ドライブ/ペネトレイト
アウトサイドシュート
インサイドシュート
スクリーン

スポンサーリンク

各ポジションの有名選手 ※2021年5月14日更新

ポジションNBA
※米国で活躍している日本人選手含む
B-LEAGE女子選手アニメ
PGステフィン・カリー
カイリー・アービング
デイミアン・リラード
ラッセル・ウェストブルック
ルカ・ドンチッチ
ジャ・モラント
田臥 勇太
富樫 勇樹
篠山 竜青
並里 成
安藤 誓哉
河村 勇輝
町田 瑠唯
本橋 菜子
三好 南穂
宮崎 早織
宮城リョータ
花園千秋
赤司征十郎
SGジェームス・ハーデン
クレイ・トンプソン
ブラッドリー・ビール
デビン・ブッカー
ドノバン・ミッチェル

川村 卓也
金丸 晃輔
比江島 慎
田中 大貴
辻 直人
安藤 周人
川嶋 勇人
本川 紗奈生
岡本 彩也花
奥山 理々嘉
今野 紀花
渡邉 亜弥
三井寿
車谷空
緑間真太郎
SFレブロン・ジェームス
カワイ・レナード
ケビン・デュラント
ジミー・バトラー
ポール・ジョージ
渡邊 雄太
馬場 雄大

アイラ・ブラウン
ジョーダン・ハミルトン
ドウェイン・エバンス
張本 天傑
アキ・チェンバース
宮澤 夕貴
馬瓜 エブリン
宮下 希保
流川楓
夏目健二(トビ)
黄瀬涼太
PFヤニス・アデトクンポ
パスカル・シアカム
クリスタプス・ポルジンギス
ドレイモンド・グリーン
ザイオン・ウィリアムソン
八村 塁
ダバンテ・ガードナー
ジュリアン・マブンガ
ライアン・ロシター
ギャビン・エドワーズ
永吉 佑也
竹内 譲次
竹内 公輔
渡邊 飛勇
長岡 萌映子
オコエ 桃仁花
桜木花道
花園百春
青峰大輝
Cアンソニー・デイビス
ジョエル・エンビード
ルディー・ゴベール
ニコラ・ヨキッチ
カールアンソニー・タウンズ
ニック・ファジーカス
ニック・メイヨ
デイヴィッド・サイモン
シェーファー アヴィ 幸樹
髙田 真希
渡嘉敷 来夢
谷村 里佳
赤木剛憲
茂吉要(モキチ)
紫原敦

黒子テツヤのポジションを考察

黒子のバスケの主人公「黒子テツヤ」のポジションは公式には「不明」とされている。

だが、誠凛高校では、「火神大我」にアシストパスを供給するプレイスタイルだし、幻のシックスマンと言われた帝光中学時代も「青峰大輝」にアシストパスを供給するプレイスタイルだった。

そのことから、役割としては、ポイントガード(PG)が最も近いと思われる。

ただし、ボール運びに参加しない点、交代する選手のポジション(誠凛高校「小金井慎二」、帝光中学「黄瀬涼太」)から考えると、スモールフォワード(SF)と考えることもできる。

つまり、アシストパスに特化したロールプレイヤーであり、シックスマンの「黒子テツヤ」のポジションは公式が言う「不明」で正しいと思うが、強引に決めるのならば「PG/SF」としたい。

ポジションと役割についてまとめ

バスケットボールは、野球やサッカーなど他の球技に比べて、ポジションや役割は明確でないし、時代によってもどんどん変わるため、ポジションを決めるのは重要だが、スペシャリストになる必要はない。

特に成長過程の育成世代では、身長やそのときのスキルに応じてポジションを定めることにより、プレーの幅を狭めてしまうデメリットが大きい。

したがって、育成世代の選手は様々なポジションの動きやスキルを覚えて、どのチームでも、どんな仲間やコーチであっても、しっかりコミュニケーションをとりながら、その場その場で自分の役割を判断し、活躍できる選手を目指そう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました