『ディナイ』と『サギング』~ワンパスアウェイの守り方~

スポンサーリンク

ワンパスアウェイ※のディフェンス(2線のディフェンス)の目的

※ボールマンから一番近い場所にいるオフェンスプレイヤーのポジションをワンパスアウェイ(もしくは2線)という。

  1. パスをさせない
  2. パスをカットする
  3. マイマンがゴール方向へのダイブ(カット)する動きを防ぐ
  4. ボールマンのペネトレイトに対するヘルプ&リカバリー(ヘッジ
スポンサーリンク

『ディナイ』と『サギング』(サッグ)について

すべてを満たす守り方は難しいため、チームの方針や相手とのマッチアップ、ボールマンの位置など様々な要因によって守り方は変わる。

ディナイとサギングの図

『ディナイ』とは

パスコースに手を出してパスをさせないようにする積極的な守り方を「ディナイ」という。(主に上記目的の1.2.3.を満たす守り方)

ディナイの構え

クローズスタンスでボールマンとマークマンの間のラインに手が届くように立ち、ボールマンに背中を向け、パスコースに手のひらを向ける。顔は肩越しにボールマンを見る。

ポストディフェンスのときは、フロンティングといって、ボールマンの方を向き、背中でマークマンに触れながら守る方法もある。

ディナイの効果と欠点

ウィングであったり、オフェンスの起点となるポジションや選手に簡単にボールを入れさせないことでボールマンにドリブルを強要し、オフェンスの連携やリズムを崩すことができる。また、スピードで相手に優っている場合や積極的にボールを奪いたい場面で有効。

より多くのターンオーバーを狙えるが、ディナイのポジションからドリブルのヘルプは難しいことが多いため、ペネトレイトに対する対処が必要。

重要

特にマークマンのダイブ(制限区域内へのカッティングの動き)などのゴールに向かう動きは、相手の動きに注意して、バンプするなどして、絶対に止める必要がある。

『サギング』(サッグ)とは

少し下がって、ボールマンのペネトレイトに対するヘルプなどペイントエリアへの侵入を防ぐ堅実な守り方を「サギング」(サッグ)という。 (主に上記目的の2.3.4.を満たす守り方)

備考

ここでは、ペリメーターディフェンスのケースだが、通常は、自分のマークマンから離れてボールラインまで下がって守ることを「サギング(サッグ)」と言う。

サギングの構え

ボールマンとマークマンを指さす(ピストルスタンス)。約1/3ないし1/4程度、マークマン側のポジションに立ち、ボールマンのヘルプ&リカバリー(ヘッジ)とパスカットの両方が狙えるポジショニングを心がける。

サギング(サッグ)の効果と欠点

少し下がって守ることで、ボールマンのドライブに対するヘルプ(ヘッジ)を重視し、ペイントエリアに侵入させない。確実にボールを奪える場合はパスカットも狙ってよい。

ペイントエリアでの数的優位を作りやすいが、アウトサイドでのパスを回されやすく、アウトサイドシュートへの対処が必要。

重要

マークマンへのパスに対するクローズアウトの反応速度が大切。また、その際、カウンタードライブに注意しながら、シュートに対してコンテストする。

スポンサーリンク

オフボールディフェンスの動画

動いてくるオフボールマンへの鬼のディフェンス【バスケ指導】
Youtubeチャンネル“Hoop Dreams”より

コメント

タイトルとURLをコピーしました