『クローズアウト』と『ヘルプポジション』~ツーパスアウェイの守り方~

スポンサーリンク

ツーパスアウェイ※のディフェンス(3線のディフェンス)の目的

※ボールマンとの間に1人以上のオフェンスプレイヤーを挟む、2人目以上の離れたポジション

  1. ボールマンのドライブに対するヘルプ
  2. ゴール下へのダイブを防ぐ、またはゴール下へのパスをカットする(カッティングの動きへの対処)
  3. マークマンにパスが渡った時の守りの準備(スキップパスへの対処「クローズアウト」)
スポンサーリンク

ツーパスアウェイ(3線のディフェンス)のディフェンスの動き

「ピストルスタンス」とポジショニングについて

ボールマンとマークマンそれぞれを指で差し(ピストルスタンス)、両方が見える中間位置にポジショニングする。ボールマンとマークマンの動きに合わせて常に場所を微調整し続ける。

ヘルプポジションの図
注意

U15の試合では、ヘルプサイドにマークマンがいる場合、ミドルラインを越えて、ボールサイドに両足を踏み込んで守るとマンツーマンディフェンスの違反となるので注意が必要。(マンツーマンペナルティの対象となる)

ヘルプタイミング

1.ボールマンディフェンスが抜かれた瞬間

重要

ヘルプのタイミングは、早すぎると自分のマークマンをフリーにしてしまうし、遅すぎるとゴールを許してしまったり、以降のローテーションが間に合わなくなってしまうため、タイミングが重要。

2.ボールマン以外のオフェンスプレイヤーがゴールに向かってカット(ダイブ)してきたとき

重要

パスコースに入ってパスを防ぐか、バンプして制限区域への侵入を防ぐ(チェックザカッター)

クローズアウトのやり方

マークマンにパスが出た際、ボールが空中にある間に、クローズアウトする。

  1. パワーポジションで構える
  2. 全力でマークマンに近づく(遅れるとカウンタードライブで抜かれる)
  3. ハーキーステップジャンプストップ(クイックストップ)で止まる
  4. ハンズアップ(シュートコンテストとポストへのパスを防ぐ)
  5. マークマンのボールミートの動きに合わせてゴールライン上をキープする

「ヘジテーション」と「ローテーション」とは

「ローテーション」とは、ボールマンドライブをヘルプマンがカバーした後など、ヘルプしたディフェンダーのマークマンがオープンになるのを防ぐため、近いディフェンダーがその選手を守り、それに伴い、順番にマークマンが変わること。

「ヘジテーション」とは、ヘルプマンが一旦、オフェンスを止め、元のマークマンに戻る(ローテーションしない)こと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました