『5秒ルール』~バスケの時間に関するルール~

※2022年4月10日:2022年4月施行の新ルールに対応。

スポンサーリンク

5秒ルールとは

ボールを受け取ってから5秒以内に、パス、ドリブル、シュート(以下)をしなかったときに宣告されるバイオレーション。

スポンサーリンク

5秒ルールでバイオレーションが宣告される場面

  1. スローイン(エンドスローやサイドスロー)の際、審判からボールをもらって5秒以内にパスをしないとき
  2. フリースローの際、審判からボールをもらって5秒以内にシュートを打たないとき
  3. ボールを保持し、ディフェンスに近接してガードされているプレーヤーが、5秒以内にパス・シュート・ドリブルをしないとき
考察

ミニバスなどの育成カテゴリーの試合では、スローインの際、パスが出せずに5秒ルールによるバイオレーションが宣告されるケースをよく見かけます。また、ドリブルを止めてしまい相手に詰められたとき、ピボットでパスコースを探しているうちにコールされてしまうようなケースもたまに見かけます。どちらのケースも一方的な点差の試合で頻繁に発生するように感じます。

慣れないうちは、パスをもらう側も、パスを出す側も5秒を意識しながらプレーをして、時間の感覚を身につけよう。

公式ルール “2022 バスケットボール競技規則 (公益)日本バスケットボール協会 2022 年4 月1 日施行” より引用

第 27 条 近接してガードされたプレーヤー (Closely guarded player)

27-1 定義

コート上でライブのボールを持っているプレーヤーが、相手チームのプレーヤーに1m 以内の距離で、正当な位置で積極的にガードされているとき、近接してガードされていることになる。

27-2 ルール

近接してガードされているプレーヤーは、5秒以内にパス、ショットあるいはドリブルをしなければならない。