【レイアップシュートの基礎固め】~様々なランニングシュートを決めるための土台作り~

バスケを始めて最初の難関は「レイアップシュート(ランニングシュート)」ではないでしょうか。

ドリブルしながら、ゴールと相手を見て、ボールをキャッチして、ステップを踏んで、そしてシュートと動きながらやることばかりなので、特にボールを見ながらドリブルする初心者にはかなり難しい動きのはずです。

ここでは、しっかりとした基本動作と一歩進んだ様々なレイアップシュート(ランニングシュート)の種類を覚えましょう。

スポンサーリンク

レイアップシュートの基本動作

1.目線を上げてゴールを見る

  • リングまたはバックボードに目標を定める
  • ディフェンスの位置を確認する

2.ボールをキャッチする

  • ドリブルを終えてキャッチする
  • パスをキャッチする

3.外側の足を広めにステップ(逆の足でもよい)

  • 空いてる場所にステップする
  • 減速する
  • 次のステップを探す
重要

外側の足を空いている場所にステップすることを意識する習慣づけは、次の内側の足を自由に使えるようにするため重要。次の足を身体のバランスを保つために使ったり、相手をかわすために、さらに大きくステップしたり、場合によってはそのままシュートしたりとさまざまなレイアップシュートに発展する土台となる考え方なので早めに身に付けたい。また、逆足での動きも早めに覚えた方が良い。

4.内側の足の狭くステップ(逆の足でもよい)

  • バランスをとって、上に飛ぶ
  • 空中でバランスがとれる範囲でステップする
重要

相手に追いつかれないようにスピードに乗ったまま横に流れたレイアップシュートが必要な場面もあるが、可能なら減速し、なるべく上方向にジャンプしたレイアップシュートをした方がコンタクトに強く、ボールをコントロールしやすく、相手のブロックをかわしたり、直接リングを狙ったり、バックボードを使うなどシュートの選択肢が広がる。

コート上のスペースだけでなく、頭上のスペース(空中)を意識できるようになったとき、スコアラーとして一段階上の選手になることができると心得ること。

5.ボールを守る

  • ボールを体の近くで保持する(スチールから守る)
  • シューティングハンドとは逆の手で相手を遮る(ブロックから守る)

6.フォロースルー

  • 頭上にボールを持ってくる
  • 手首のスナップでボールを目標(リングまたはボード)に運ぶ
重要

ミニバス選手などボールを頭上に持ってくるとリングにボールが届かない場合を除いては、レイアップのボールの位置は必ず頭上に持ってくること。

スポンサーリンク

レイアップシュートのコツ

手はなるべく大きく動かさない(予備動作を含むモーションを小さくする)

練習で入るレイアップシュートが試合で外れる原因の多くは、シュートのときの腕の動きが大きいことが原因。一旦シュートに向かって動き出した腕の動きをディフェンダーなどのプレッシャーで変更を余儀なくされれば、上級者でもかなりの確率でシュートは外れる。

スピードを抑え、バランスを保ち、高く飛ぶ

長い最初のステップで体をコントロールして、高く飛ぶ。

シュートするスペースを意識する(ディフェンダーを避ける、抑える)

フィニッシュのために一番確立の高い場所へステップする。

バックボードを使う

バックボードを使うことで、どの角度からでも狙えるようになる。

ボールを強く持って、コンタクトを恐れない

ディフェンダーから離れようとすればするほど、難しいショットを強いられる。また、上手くいけばファールももらって、3点プレイにもつながる。

スポンサーリンク

レイアップシュート(ランニングシュート)の種類

オーバーハンドレイアップ最も基本的なレイアップ。ボールの下に手を入れて、上から下に手首のスナップを使い、バックボードに当ててリングに入れる。シュートの手の動きは通常のジャンプショットに似ている。
アンダーハンドレイアップ(フィンガーロール)ボールを手の上にのせ、下から上に手首のスナップを使ってシュートする。指先でボールを転がすイメージ。
パワーレイアップシュートの前にジャンプストップを入れることで、シュートの際、強い土台を確保することができる。
ワンステップレイアップ1歩目の外側のステップでそのままシュートする。ディフェンダーのタイミングをずらすことができる。
オフフットレイアップ内側の足を最初にステップし、外側の足と手でシュートする。ディフェンダーのタイミングをずらすことができる。
リバースレイアップリングの反対側からシュートする。主に相手のブロックを避ける際に使用する。
フローターシュートボールをディフェンダーの届かない頭上にフワッと押し上げるようなシュート。小さな選手が大きな選手に対して使用することが多い。
ユーロステップレイアップ最初のステップと次のステップの方向を変化させるステップ。ゴール下のディフェンダーを避けるために使用する。片足ジャンプでのシュートになるため、密集地帯では難易度が高い。
ギャロップステップレイアップ片足をついている状態でボールを受け、そこからジャンプして両足着地からのジャンプシュート。両足でジャンプするため、密集地帯でもバランスを保ちやすい。
スポンサーリンク

もっともっとカッコよく

コメント